泣ける話

お母さんが亡くなったのは自分のせいだと責める男性!亡くなる寸前にお母さんから言われた言葉の意味に気づいた!

投稿日:

お母さんが亡くなったのは自分のせいだと責める男性…亡くなる寸前にお母さんから言われた言葉の意味に気づいた…

 

お母さんが亡くなったのは自分のせいだと責める男性。

年月が経って、亡くなる寸前にお母さんから言われた言葉の意味に気づいたと言います。

その言葉とは…。

えりぞ@erizomu

俺が29歳のときに、母親は死んだ。54歳だった。意識を失う前の日の夜に、もう足もおぼつかない母の手を取って、トイレの前まで連れて行った。終わったら二人で手を握って洗面所まで連れて行って、歯磨きをさせ、ベッドに寝かせた。昔、母が俺にしてくれたことを、自分の母にしていた。

16,379人がこの話題について話しています。

えりぞ@erizomu

俺の人生は、母親が俺を産んだ意味は、あの夜にあったのではないかと、時々思う。意識を失う前、曖昧な中で、母は俺に「おやすみ」といって寝た。幼いころ、なんども、そういって、俺を寝かしていた。俺が、母親が最後に話をした人間になった。

1,793人がこの話題について話しています。

えりぞ@erizomu

自分と最期に「おやすみ」という人間を、産んで、育てた。思うようにはいかなかった。苦しかったことを、俺は知っている。俺が、苦しみを与えていたことを、俺は知っている。俺は母親に、喜びよりも、苦しみを与えたことの方が多いことを、俺は知っている。それは、誤魔化せない。

1,405人がこの話題について話しています。

えりぞ@erizomu

もし俺が、23歳の母親に会えたら、結婚すること、子どもを産むことも勧めない。後年になれば、別の人生のほうが向いていたことを、俺も、母親も父親も知っていた。しかし23歳の母はそれを知る由もなかった。「結婚をして、子どもを産む以外の人生があるなんて知らなかった」と話したのは50歳の頃か。

1,360人がこの話題について話しています。

えりぞ@erizomu

母親は俺か弟を産むときに出血して、ウイルスに感染した。肝炎には気づかず、気づいたら余命が決まっていた。悪かったよ、俺たちが死なせた。まぎれもなく、俺が死なせた。

1,183人がこの話題について話しています。

えりぞ@erizomu

死ぬ2週間前に家で倒れて、ホスピスに入った。肝性脳症は進んでいて、もう少し曖昧だったが、俺が病室に入ると先に駆けつけていた弟と俺を手招きして、両手で抱いて「産んでよかった」と言った。果たして自然に産んでよかった思っている人間が、そういうことをするのか、俺にはわからないままだ。

1,199人がこの話題について話しています。

えりぞ@erizomu

娘が産まれて、どうやらあれは俺と弟に「産んでよかったと考えている」と、伝えたかったのではないかと思う。本当のところ母親がどう考えていたのかはわからない。しかし少なくとも、俺にはそう思って貰いたかったのだろう。

1,231人がこの話題について話しています。

続きは次ページでご覧ください♪

> 続きを読む 

-泣ける話

執筆者:

関連記事

結婚した時にした決断を今でも心からよかったと思っている!大切なことに気づかされる、エピソードに涙が止まりません!

結婚した時にした決断を今でも心からよかったと思っている…大切なことに気づかされる、エピソードに涙が止まりません…

11年間愛する人の墓を守り続けた忠犬!生き様がまるでハチ公だと話題に!

11年間愛する人の墓を守り続けた忠犬… 生き様がまるでハチ公だと話題に…

「僕を捨てないで!」施設前で飼い主に必死ですがる犬の姿に涙が止まらない!

「僕を捨てないで!」 施設前で飼い主に必死ですがる犬の姿に涙が止まらない…

15歳で出産を決意。その時、贈った母の言葉!20年後、その言葉の意味がわかった…

15歳という若さで妊娠し彼氏とも直後に音信不通、そんな壮絶な渦中で母親が送った意外な言葉とは?? 20年後、その真の意味を理解することになる・・・

たった1ページのショート漫画『姉』!多くの姉弟たちが共感して泣いた名作がこちら!

たった1ページのショート漫画『姉』が話題に。 多くの姉弟たちが共感して泣いた名作ショート漫画をご紹介します!