豆知識

国歌・君が代の本当の意味!国歌は天皇を崇拝する歌ではなかった!

投稿日:

国歌・君が代の本当の意味…国歌は天皇を崇拝する歌ではなかった…

日本の国歌である君が代。

一般的に歌う機会があるとすれば入学式や卒業式といった式典、
プロ野球やサッカーの試合をスタジアムで観戦する時などが挙げられます。

ちなみに君が代にはどんな意味があるかご存知でしょうか?
今回はそんな国歌・君が代の本当の意味を紹介します。

君が代の歌詞は1000年前からあった?

君が代の歌詞の始まりは、、、
平安時代の頃、古今和歌集の中に、
題知らず、詠み人知らずの歌として掲載されていました。

詠み人知らずとは作者不明または匿名で作られた。
シチュエーションも良くわからないことを言います。

古今和歌集は四季、旅の歌、恋の歌、別れの歌…など。
テーマに沿った歌が掲載されており、
賀歌(がか)=祝いの歌のテーマに君が代の歌詞がありました。

はじめの歌い出しが少し違います。

「我が君はちよにやちよにさざれ石のいわをとなりて苔のむすまで」

古今和歌集ができたのが905年か912年であり、
それから約100年後、和漢朗詠集の鎌倉時代に書かれた古写本には、
「我が君は」を「君が代は」に変えられており、
今と同じ歌詞が記されています。

国歌として最も古いのは、
16世紀後半のオランダ国歌「ウィルヘルム」ですが、
国歌の歌詞としては君が代はオランダ国歌よりも、
さらに600年も古く、世界最古です。

君が代の本当の意味

歌詞の意味は諸説あり、一般的なものが、
「この日本の平穏がいつまでも続きますように」というものです。

君が代は日本が、
「千代に八千代に」
1000だいも8000代も永遠に続きますように。

「さざれ石のいわおとなりて」
小さな石が集まって大きな岩になって、

「こけのむすまで」
苔が生えるくらい遠い未来までいつまでも続きますように。

君を天皇に置き換え、
「天皇が代々続くような平和な日本でありますように」
という話もあります。

天皇陛下賛美の歌ではないかと解釈する説です。

江戸時代の将軍家では「君=将軍」と解釈して、
「将軍の治世が千代に八千代に永遠に続くように」
と言う意味がありました。

「君=男女」として、
男女が時代を超えて硬い絆と信頼で結びついていこうというものもあります。

君が誰を指すのかについて、
定説はなく様々な人物が当てはめられました。

どちらにせよ私たちの日本を、
今もこれからも大切にしようという想いが込められた歌です。

続きは次ページでご覧ください♪

> 続きを読む 

-豆知識

執筆者:

関連記事

スタッドレスタイヤの寿命!意外と知らないスタッドレスタイヤの雑学が話題に!

スタッドレスタイヤの寿命… 意外と知らないスタッドレスタイヤの雑学が話題に…

日本の7割がiPhoneを使用!iPhoneで写真を削除せずに空き容量を作る簡単な7つの方法!

iPhoneで写真を削除せずに空き容量を作る簡単な7つの方法をご紹介します!

あなたはいくつ知ってますか?90%以上が知らない日常生活で得する神業15選!

今回は、あの「伊藤家の食卓」で放送されていた、日常生活で役に立つ15個の神業をご紹介します!

「目が笑ってない人」の本当の心理!どうしたら笑っているように見える?

「目が笑ってない人」の本当の心理… どうしたら笑っているように見える…

人生で遭遇する様々な出来事の確率!あまり知られてない衝撃の確率が話題に!

人生で遭遇する様々な出来事の確率… あまり知られてない衝撃の確率が話題に…