驚き

死刑執行時に目隠しを拒否した女性!その後、彼女がとった行動は更に信じられないものだった!

投稿日:

死刑執行時に目隠しを拒否した女性…その後、彼女がとった行動は更に信じられないものだった…

 

数奇な運命を辿った伝説の女性

1976年8月17日、オランダで生まれた、
マルガリータ・ヘールトロイダ・ツェレの家庭は裕福だったものの、
母親が亡くなって父おたが事業に失敗して家族は離散。

マルガリータは15歳で独り立ちすることになりました。
この後、自分に待ち受けている運命も知らずに…。

マルガリータは後見人が住むライデンに移住し、
19歳の時に海兵隊士官と出会って2人はまもなく結婚。

夫の駐留先であるインドネシアに帯同、
マルガリータはすぐに現地も馴染んでいきました。

でも、夫は酒に溺れて梅毒を患い、
2人の子供に恵まれたものの病弱で亡くしてしまいました。

この頃から、マリがリータはエキゾチックな趣味の世界に没頭していったのです。

マルガリータが自分のことをマレー語で「太陽」を意味する。
「マタ・ハリ」と名乗るようになったのはこの頃からでした。

1902年、マタ・ハリは夫の元を去って単身パリへ移住し、
モデル兼エキゾチックな踊り子として生計を立てるようになりました。

 

マタ・ハリはすぐにパリで人気になり、1905年にヨーロッパを巡業して、
「パリの神秘の舞姫」「優美なるヒョウ」と称賛されました。

マタ・ハリのショーは非常にエロティックな演出として知られ、
官能的な魅力で人々を虜にしていったのです。

名声を手に入れたマタ・ハリは高級士官や政治家を相手とするヨーロッパ随一の高級娼婦へ。

そして1915年には踊り子を引退してオランダで再婚。

しかしこの穏やかな生活は長くは続きませんでした。
夫が第一次世界大戦の兵役に徴兵されたのです。

その後、負傷した夫がフランスの病院に入院しているという知らせがマタ・ハリの元へ届きました。

愛する夫を見舞うためにビザの申請をしたマタ・ハリでしたが、
フランス当局はビザを発行する代わりにドイツでのスパイ活動を求めてきたのです。

続きは次ページでご覧ください♪

> 続きを読む 

-驚き

執筆者:

関連記事

江戸時代の死刑(処刑)制度!人間がここまで残酷になれることにゾッとする!

江戸時代の死刑(処刑)制度… 人間がここまで残酷になれることにゾッとする…

災害の為に廃墟化したゴーストタウン!災害は恐ろしいと話題に!

災害の為に廃墟化したゴーストタウン… 災害は恐ろしいと話題に…

フロントガラスに吸盤のお守りをつけている人!危険!これをやってる人は辞めて!

フロントガラスに吸盤のお守りをつけている人…危険…これをやってる人は辞めて…

幽霊が家の中に入ってくる瞬間の動画!今回はガチかも話題に!

ちょっと季節外れな動画が話題になっています。 なんでも家の中に幽霊が入ってくる瞬間を捉えたというのです。 公開された動画の家はイギリスの古い建物だという。

世界で一番呪われた島・ポヴェーリア!血塗られた島の歴史が話題に!

世界で一番呪われた島・ポヴェーリア…血塗られた島の歴史が話題に…