驚き

ケネディ大統領暗殺事件の4つの謎!未だ解決していない歴史的大事件の謎が話題に!

投稿日:

ケネディ大統領暗殺事件の4つの謎…未だ解決していない歴史的大事件の謎が話題に…

 

ケネディ大統領暗殺事件の4つの謎

ケネディ大統領暗殺事件とは1963年11月22日の金曜日、
テキサス州ダラスで第35代アメリカ大統領であったジョン・F・ケネディ氏がパレードの最中に暗殺された事件。

事件から50年が経ちましたが近代史の教科書に載る程の歴史的大事件は、
知らない人がいないと言っても過言ではありません。

この事件、実はいまだに暗殺者が特定されておらず、
奇妙な謎が多く残されています。

今回はケネディ大統領暗殺事件の4つの奇妙な謎を紹介します。

謎1.沢山の銃弾

ケネディ大統領暗殺の際には3発の銃弾が飛び交いましたが、
実はこの3つの銃弾の行方、未だに真実がはっきりとされていないまま。

アメリカ政府が公式に採用した「ウォーレン委員会」の報告書では、
1発目の銃弾は外れ、2発目の銃弾が首を貫きコナー州知事に命中、
3発目でケネディ大統領の頭を破壊したとされています。

しかし、FBIの調査では1発目でケネディ大統領の首を貫通、
2発目がコナリー州知事に直撃、3発目がケネディの頭部に命中したものとされているのです。

この見解の違いはどちらかが何かを隠そうとしている為に生まれたものなのでしょうか…。

謎2.容疑者が移送中に暗殺される…

容疑者となってしまったオズワルド。
彼は警察の尋問に対し「はめられた!」と一貫して主張。

警察から郡拘置所に移送する途中、彼は残念ながら無罪をはらす事なく射殺されてしまいました。

オズワルドが撃ったとされているビルの窓からは、
パレード中の車を3発連射して的確に狙うのは不可能に近いと言われており、
彼の頬からは硝煙反応がありませんでした。

さらに凶器であるライフルから当初の検査では指紋や掌紋が発見されなかったにもかかわらず、
オズワルド殺害の翌日には掌紋が発見されたという記録が残っているそうです。

続きは次ページでご覧ください♪

> 続きを読む 

-驚き

執筆者: