豆知識

月経の血の色から婦人科系疾患を見分ける6パターン!子宮筋腫の早期発見にも繋がると話題に!

投稿日:

月経の血の色から婦人科系疾患を見分ける6パターン…子宮筋腫の早期発見にも繋がると話題に…

 

生理の血の色から婦人科系疾患を見分ける6パターン…

生理をワクワク心待ちにしている女性はそういないでしょう。

度々、鈍痛や下腹部に疼く痛みを伴い、
スポーツなどの活動の制限や空腹感に悩まされ…、

ナプキンやタンポンなどの生理用品を、
定期的に付け替えなければいけない手間は言うまでもありません。

時に女性にとっては希望の兆しであったりもします。
それは妊娠していないというサイン。

その一方で妊娠を望む女性にとっては辛い知らせでもある。

そして、定期的に約28日周期で生理のある女性であれば、
ホルモンバランスが安定しているかどうかを知ることができる。

とはいえ、生理中に経血を注意深く観察する人はいるでしょうか?

大半の人は観察したことなどないかもしれないが、
それでもその価値はあるのだ。

経血の色をサッと確認するだけでも、
自分の健康状態ついて知ることができるそうです。

1.ピンクがかった赤

ピンクまたは淡い赤の経血は生理が始まる頃に見られる。

しかし、もう既に生理が始まっているようであれば、
婦人科で医師の診断を受けた方が良いと言えます。

内臓損傷やクラミジアといった
性感染症ホルモン変動の可能性があるからです。

また、生理初期にごく少量、短期間で終わるのであれば、
妊娠初期の兆候の可能性もある。

妊娠の初期段階では生理予定日前後、
軽い出血が起こることもある。

そのため、すぐには妊娠に気づかない女性も多い。

2.明るい赤

経血の色が鮮血のような明るい赤であれば問題はありません。
5〜6日中に生理は終わると思われます。

もし、生理が長引くようであれば婦人科医での診断をお勧めします。

非常に明るい赤色の場合は、
エストロゲンの数値が低い可能性もあります。

数値低下の原因としてはダイエットや過剰な飲酒が考えられれます。

3.ダークレッド

生理期間中、出血量の多い2〜4日目、
経血の色は赤黒くなりがちである。

もし、赤黒い色の出血過多の期間が長く続くようであれば、
子宮筋腫の可能性も考えられる。

暗赤色の経血はエストロゲンの数値の上昇のサインでもある。

続きは次ページでご覧ください♪

> 続きを読む 

-豆知識

執筆者:

関連記事

緊急時に覚えておくべき「#7119」の意味…もっと普及してほしいと話題に!

緊急時に覚えておくべき「#7119」の意味… もっと普及してほしいと話題に…

女性が生理的に無理な男性の特徴3選!これは改善しないとヤバイかも!

女性が生理的に無理な男性の特徴…これは改善しないとヤバイかも…

道路に描かれているひし形の意味知ってますか?⇒実はドライバーの70%の人が知らないという事実が発覚…

\News BFC に『いいね』お願いします/ 道路に描かれているひし形の意味知ってますか? 実はドライバーの70%の人が知らないという事実が発覚しました… 道路のひし形 運転免許を持っている人もそう …

「日本の性教育の何がダメなのか」性教育で本来学ぶべきことが話題に!

「日本の性教育の何がダメなのか」性教育で本来学ぶべきことが話題に…

デリヘル嬢の裏の顔と売れっ子嬢になるワケ!デリヘルドライバーが暴露!

デリヘル嬢の裏の顔と売れっ子嬢になるワケ… デリヘルドライバーが暴露…