豆知識

地球外生命体に見える近年発見された新種の動物9種!未確認生物がまだまだ沢山いた!

投稿日:

地球外生命体に見える近年発見された新種の動物9種…未確認生物がまだまだ沢山いた…

 

地球外生命体に見える新種の動物

私たちが住む地球には一体どのくらいの種類の生物が存在しているか考えたことがありますか?

専門家によると870万種類はいるそうですが、
それでも存在が知られているのはわずか14%ほどなのだとか。

人類により地球のあらゆる場所は探検しつくされたものの、
それでも未発見の生物は86%も残っているのです。

世界中には謎に満ちた生物がまだまだたくさんいるのです。
さらにその生物たちはまるでエイリアンのような変わった外見であることもしばしば。

そこで今回は地球外生命体に見える近年発見された新種の動物を紹介します。

1.カクレマンボウ

2017年にマリアンヌ・ライガードと彼女の仲間たちに発見された、
カクレマンボウは大きいもので大きさは4m、重さは2tになります。

カクレマンボウは深い海の冷たい場所を好み、
ニュージランドや南米チリに生息しています。

2.不思議な蜘蛛

2016年、西ガーツ山脈で大きさはわずか7mmの、
魔女の帽子をかぶった様な姿の蜘蛛が発見されました。

茶色の体で枯葉などに潜り込み、天敵から見事に姿を隠します。

 

 

3.マリアナクサウオ

2017年、マッケンジ・ヘリンジャーさんによって発見された、
マリアナクサウオは水圧が水面の1000倍もあるといわれる水深8kmに設置されたカメラのx線で撮影されました。

その姿はオタマジャクシに似ていて、
現在知られている魚の中で最も深い場所に生存しています。

4.野鳥

2018年、ティモシー・ラマンさんらは、
インドネシアのパプアニューギニアで新種の野鳥を発見しました。

求愛行動では相手の鳥の周りを飛び跳ねるのではなく、
クルクル回るという不思議な行動をします。

続きは次ページでご覧ください♪

 

> 続きを読む 

-豆知識

執筆者:

関連記事

使い終わった後の麦茶のパックの再利用方法!驚くほど便利な再利用法があった!

使い終わった後の麦茶のパックの再利用方法… 驚くほど便利な再利用法があった…

世界一混雑した楽園の小島の秘密…電気は1日5時間しか使えず人口密度はマンハッタンの4倍!

世界一混雑した楽園の小島の秘密… 電気は1日5時間しか使えず人口密度はマンハッタンの4倍…

ワインのコルクをライター1本で抜く方法!目からウロコだと話題に!

ライター1本でワインのコルクを抜く方法…目からウロコだと話題に…

100円ショップで買ってはいけない商品5選!元店員が衝撃告白!

100円ショップで買ってはいけない商品5選…元店員が衝撃告白…

とある飲食店の貼り紙に書いてあった言葉!働くならこんなとこで働きたい!

とある飲食店の貼り紙に書いてあった言葉… 働くならこんなとこで働きたい…