ニュース 芸能

織田信成氏、涙の会見!関大・浜田美栄コーチに1100万円賠償求めモラハラで提訴!

投稿日:

織田信成氏、涙の会見…関大・浜田美栄コーチに1100万円賠償求めモラハラで提訴…

 

フィギュアスケートの元冬季五輪男子代表、織田信成氏がモラハラを受けたとして、

関大の浜田美栄コーチに損害賠償を求めて提訴した。

織田信成氏、浜田美栄コーチに損害賠償求めて提訴

フィギュアスケートの2010年バンクーバー冬季五輪男子代表、織田信成氏(32)が18日、

モラルハラスメントを受けて関大アイススケート部の監督辞任に追い込まれ、精神的苦痛を受けたとして、

同部の浜田美栄コーチ(60)に1100万円の損害賠償を求めて大阪地裁に提訴した。

織田氏は同市内で会見し、経緯などを説明。

涙をこぼしながら、

「選手たちが健全な環境で練習できるようにと提訴した」

と語った。

100人近くの報道陣が集結した会見に、織田氏は弁護士とともにスーツ姿で臨んだ。

緊張した表情を浮かべ、ときにこみあげるものを抑えながら、母校・関大を舞台にしたモラハラ騒動の経緯や提訴に至った理由を説明した。

「浜田コーチとは年が30歳ほど離れていて、激高されることもあり、何も言えなかった。大学側がもっと真摯(しんし)に対応していれば、ここまでにはいたらなかった」

訴状などによると、練習方法の提言を巡って浜田コーチから激高されたことをきっかけに、

監督就任直前の17年3月頃から、あいさつをしても無視されるなどのハラスメント行為を受けた。

同4月の就任後、

「監督になってから偉そうになった」

などと陰口を言われるようになった。

今年1月、部員の学業成績が良くないことから練習時間の変更を提案したが、その後の3月頃からモラハラがエスカレート。

その影響から、震えや発汗が増えるなど体調が悪化。

発熱もして8日間入院した。

5月下旬からはリンクに行けなくなり、7月に学長らと話し合うなどしたが対応を不誠実に感じ、9月に監督を辞任した。

続きは次ページでご覧ください♪

 

> 続きを読む 

-ニュース, 芸能

執筆者:

関連記事

上原美優の命日に衝撃の事実が発覚!自殺には島田紳助と関東連合が関わっていた!

2011年に自殺した「貧乏アイドル」のキャッチコピーで有名な上原美優さん。 自殺の背景にはいくつもの謎と闇がありました。

たら~こたら~こ♪のCMでお馴染みだった少女!驚くべき変貌を遂げていたと話題に!

たら~こたら~こ♪のCMでお馴染みだった少女…驚くべき変貌を遂げていたと話題に…

コロナの影響で経済的に苦しいという人も!本来貰えたものを「知らなかった」だけで貰えないのは悲しいので、まずは知ることから!

コロナの影響で経済的に苦しいという人も…本来貰えたものを「知らなかった」だけで貰えないのは悲しいので、まずは知ることから…

報道番組では連日、他国に比べ日本のPCR検査数が少ないと批判の声が!スッキリでの加藤浩次さんのコメントが素晴らしいと話題に!

報道番組では連日、他国に比べ日本のPCR検査数が少ないと批判の声が…スッキリでの加藤浩次さんのコメントが素晴らしいと話題に…

「生きている証を残したい」生存率わずか1%の難病を乗り越えた俳優・神木隆之介さんと母の軌跡!

「生きている証を残したい」 生存率わずか1%の難病を乗り越えた俳優・神木隆之介さんと母の軌跡…