体験談

小学3年生の男の子が亡くなり!霊柩車で自宅まで運ぶことに!途中、ある場所に導かれて涙が止まらない!

投稿日:

小学3年生の男の子が亡くなり…霊柩車で自宅まで運ぶことに…
途中、ある場所に導かれて涙が止まらない…

 

霊柩車の運転手として勤めている人から聞いた話。

その仕事に就いて間もないころ、小学3年生の男の子がなくなり、

霊柩車で自宅まで運ぶことになったという。

でも、ある場所に導かれて…。

小3の男の子が亡くなり、霊柩車で自宅まで運ぶ途中、ある場所に導かれて…

前にお客さんで、霊柩車の運転手をやってる人がいた。

仕事柄?色々体験したそうです。(霊感は無いと言っていましたが)

その人の話でおぼえてるのが…

まだその仕事に就いて間も無い頃

12月のとても寒い日に、病院で亡くなった人を家まで運ぶ事になった。

(昔は家で葬式を行う事は普通の事だった)

亡くなったのは、小学校3年生の男の子。

「子供か、かわいそうに」と思い手を合わせてから小さい棺を車に乗せた。

そして母親を助手席に乗せて、病院の裏手の出入り口から車を出した。

「1時間位で着きますよ。息子さんは何故…」

聞いてはまずかったかなと思ったらしいんですが、話したくなきゃ話さないだろう。

と思っていると母親は、ぽつりぽつりと息子の事を話し始めた。

一つ一つ思い出す様に、悪さした事・100点を取った時の事・仲のいい友達がいた事…。

そして、急性の癌(たぶん白血病)で亡くなった事を…、

聞かなきゃ良かったと思ったそうです。

大粒の涙を流す母親に何と言って良いのか困ったそうです。

沈黙の時間が流れ、家の近くまで来ました。

続きは次ページでご覧ください♪

 

> 続きを読む 

-体験談

執筆者:

関連記事

彼女と夜行バスに乗った…消灯直後→彼女「もう無理。痛いよ!」彼女の方を見ると!

彼女と夜行バスに乗った。消灯直後→彼女「もう無理。痛いよ…」彼女の方を見ると…

退職時に上司に嫌味を言われた!ブチキレて言い返した一言にぐうの音も出ない!

退職時に上司に嫌味を言われた… ブチキレて言い返した一言にぐうの音も出ない…

人身事故で電車が止まってしまった!その時にサラリーマンが駅員にかけた一言に賞賛の嵐!

人身事故で電車が止まってしまった… その時にサラリーマンが駅員にかけた一言に賞賛の嵐…

彼女の忘れた手帳が車に!興味本位で中身を見た結果、修羅場に!

彼女の忘れた手帳が車に… 興味本位で中身を見た結果、修羅場に…

親友だと思っていた女の結婚式に行った結果!友達全員無くした!

親友だと思っていた女の結婚式に行った結果… 友達全員無くした…