体験談

銃で自殺を図ったが失敗、顔を失った美少女の現在!美女から一転!

投稿日:

銃で自殺を図ったが失敗、顔を失った美少女の現在…美女から一転…

 

18歳でライフルの銃口を顔に向け…

2014年3月、アメリカ・ミシシッピ州に住む18歳(当時)のケイティ・スターブルフィールドは
自宅の浴室でライフル銃による自殺を図りました。

しかし幸か不幸か自殺は失敗に終わり、
一命を取り留めたケイティを待ち受けていたのは
化け物のように破壊された自分の顔でした。

自殺は失敗に終わり顔面移植手術を受けることに

しかし彼女はそれでも生きることを選びました。
自殺が失敗に終わったことで死神は彼女から去ったのかも知れません。
大変手術例が少ないと言われる顔面移植手術を受ける決意をしたのです。

彼女は生き残った。以前の面影すらないまでに滅茶苦茶になった顔で。
その1カ月後にはオハイオ州にあるクリーブランド・クリニックに行き着き、同院として3例目の顔面移植患者になろうとしていた。

しかし、手術の実施までに2年も待つことになりました。
その病院は顔面移植手術の成功実績がある為、
数十人もの患者が順番を待っていたからです。

顔面移植手術は受けることのできる条件がとても厳しいものだそうです。

「(顔面移植手術は)解剖学の観点からだけではなく、
物理的、生物学的、心理学的な立場からみて全ての条件を満たさなければならない。
そうすると適合する患者はほんのわずかになってしまう」と、
ケイティを担当したクリーブランド・クリニックの外科医、ブライアン・ガストマン博士は語る(タイム誌)。

このような心理的負担の大きい評価基準をケイティはどうにかパスすることが出来ました。

「事が起きた当時彼女はとても若かったし、稀に見る軽率な決心だった。
慢性のうつ病ではなかったようだ」
それでも、心理的な評価はかなり厳しかったとガストマン医師は加えた。

自殺者の多くはうつ病を患っているといいます。
しかし、ケイティはそうではなかったと…、
18歳の彼女は何と軽率なことをしでかしたのでしょう。

ケイティの両親は住み慣れたミシシッピ州を離れ、
ケイティと一緒に過ごせるよう彼女のいるクリーブランドに引越したのです。
そして、それから4年が経とうとしていました。

続きは次ページでご覧ください♪

 

> 続きを読む 

-体験談

執筆者:

関連記事

妻「今から会えるかな?」LINEに大喜びで会社を飛び出す夫!直後に訪れた悲しい結末とは!

妻「今から会えるかな?」LINEに大喜びで会社を飛び出す夫… 直後に訪れた悲しい結末とは…

40代の男性が20代女性への恋心を新聞に相談!その回答がド直球すぎておもしろい!

40代の男性が20代女性への恋心を新聞に相談… その回答がド直球すぎておもしろい…

女子高生が久しぶりに再会した担任を無視した理由!「いま声をかけちゃいけない」

ある投稿者さんの高校生の娘さんが、 ある日、外出先で小学校時代の担任の先生を見かけました。 しかし、その娘さんは担任を無視しました。 その理由がネットで話題になっています。

お別れした愛猫にそっくりな子猫との運命の出会いに女の子が嬉しくて感情を爆発させる!

お別れした愛猫にそっくりな子猫との運命の出会いに女の子が嬉しくて感情を爆発させる…

別れた元カレからのLINE!メンヘラすぎて恐怖を感じるレベルだった!

別れた元カレからのLINE… メンヘラすぎて恐怖を感じるレベルだった…