豆知識

最終回が酷過ぎたジャンプ作品10選!迷走や理不尽な打ち切り!

投稿日:

最終回が酷過ぎたジャンプ作品10選…迷走や理不尽な打ち切り…

 

最終回が酷過ぎたジャンプ作品10選

長期連載の人気作品を多数世に送り出している週刊少年ジャンプ。
その一方で、早ければ10週で突然打ち切りになることでも有名です。

打ち切りになった作品の中には酷い最終回を迎えた作品もあります。

今回は少年ジャンプ愛読者に聞いた「ジャンプ作品で最終回がひどかった!」と思う作品を紹介します。

1.『ライジングインパクト』(鈴木央)

1998年52号から連載を開始、1999年16号で一度打ち切られます。
しかし終了後の反響が大きく、1999年27号から設定は一切変えずそのまま連載を再開。

その後は2002年12号まで4年間連載が続くも中途半端な形で打ち切り。
完結編は『赤マルジャンプ』2002年春号に読切で掲載されました。

2.『ピューと吹く!ジャガー』(うすた京介)

2000年38号から2010年38号にわたって連載。
最終回で「ジャガーがカツラだった」という衝撃的な結末を見せて終了。

3.『学糾法廷』(原作:榎伸晃、作画:小畑健)

2015年1号から2015年24号まで、21話で打ち切り。

写真のクラスメイトの顔を覚えていないという展開のラストが衝撃的でした。

最終22話は『少年ジャンプ+』2015年26号に掲載されています。

 

 

4.『幕張』(木多康昭)

1996年11号から1997年49号まで連載。

最終回で暴露話、愚痴、そして作者自身の「やってられっか!!」という叫びを掲載し、
作者コメント欄には「俺は自由だ!!」と残しています。

そして単行本最終巻の描き下ろしで連載をやめた本当の理由を
「うんこがでかかった」と書いています。

5.『セクシーコマンドー外伝すごいよ!!マサルさん』(うすた京介)

1995年52号から1997年40号まで連載。
第二部第一話で最終回という異例の形で終わりました。

アニメ化が決まっていたものの作者が精神的に追い込まれて連載終了を決めたとか。

続きは次ページでご覧ください♪

 

> 続きを読む 

-豆知識

執筆者:

関連記事

新古車(未使用車)が出回る裏事情!新車と何が違うのか!

新古車(未使用車)が出回る裏事情… 新車と何が違うのか…

無害と思ってもすぐ病院へ行くべき症状6選!ほんの数秒が命取りになることも!

無害と思ってもすぐ病院へ行くべき症状6選…ほんの数秒が命取りになることも…

スキゾイドパーソナリティの人の特徴!あなたは何個当てはまる?

スキゾイドパーソナリティの人の特徴… あなたは何個当てはまる?

左向きで寝ると、あなたの体にある変化が起きてスゴい事になります!

\♡『いいね』お願いします♡/ 左向きで寝ていると、体にある良い変化が起きます! 寝る時の体勢 出典:tmbi-joho.com 生き物が睡眠を取る理由は未だに解明されていません。 最も信ぴょう性のあ …

天国と地獄の境界がわかる住宅事情!格差が酷過ぎると話題に!

天国と地獄の境界がわかる住宅事情…格差が酷過ぎると話題に…