豆知識

子どもに悪影響を及ぼす行動6選!あなたは大丈夫?

投稿日:

子どもに悪影響を及ぼす行動6選…あなたは大丈夫?

 

子どもに悪影響を及ぼす行動

「子は親の鏡」と言われるように子どもは親や周りの大人たちの背中を見て成長していきますよね。
そう考えると大人は子どもの手本となる態度・行動を取らなければなりません。

しかし、そういう立派な行動をできてると言える人はでれだけいるでしょうか?

今回はそんな子どもに悪影響を及ぼす行動6選を紹介します。

1.夫婦喧嘩

夫婦喧嘩を見ると自分のせいと勘違いしてしまう子どもは結構多いもの。
親が怖いと思い、悩みなどを話せなくなることもあります。

子供の前で喧嘩をするのはやめましょう!恐怖だけでなく、そのときの言葉遣いを真似して、汚い言葉を使うようになる子もいるのです。

2.悪口・陰口を言う

陰で言った他人の悪口は、巡り巡って当の本人の耳に入るかもしれません。
直接言われるのと間接的に耳に入るのとでは同じ内容でも受け取り方は全く違います。

それに、人の悪口は聞く方も気持ちのいいものではありませんし、
子供もそういうことを言う子に育ってしまいます。

また、父親の悪口を子供に言う母親がいます。
子供は無意識に母親の味方として振舞うようになりがちなところがあります。

その母親が父親の悪口を言っていると
何かあったときに父親に頼ろうなどと思えないし、
父親を嫌いになる原因にも…

3.お礼を言わない

お礼を言われたくて何かしているわけではないですが、
やっぱり言われるのと言われないのとでは感じ方が違います。

よく子供に「ありがとうは?」という親がいますが、
そこは強制するのではなく、親が自ら「ありがとう」と口にしていれば
子供は真似していくと思います。

強制して言われても嬉しいものではないですしね。
自然と言える子に育てるためにまずは自分から言うようにしましょう。

 

 

4.挨拶をしない

親が挨拶もまともにできないくせに、
子供にはちゃんと挨拶しろって言っても説得力のかけらもないですよね。

最近は近所付き合いなどもあまりないかもしれませんが、
顔見知りの人がすれ違った時ぐらいしっかり挨拶するべきです。
そうでないと、人とあっても挨拶しなくていいと子供は学んでしまいます。

5.約束を守らない

楽しみにしていた気持ちが強ければ強いほど
約束が破られたショックは大きくて悲しみが怒りになってしまいます。

また子供が親を不審に思う最初のきっかけは
約束したことを実行せずに終始言い訳するからでしょう。
そんな親から、勉強しろなんて言われても言うこと聞く気になれない気持ちも分かります。

6.子どものせいにする

自分の非を認めるのは簡単なことではないですし、
まして子どもに対してだとなおさらかもしれません。
でも自分が悪いのだったら子供だとしても関係ありません。

しっかり誠意を持って謝るべきですよね。
自分に非があるのに子供のせいにするなんで言語道断です。

続きは次ページでご覧ください♪

 

> 続きを読む 

-豆知識

執筆者:

関連記事

リボ払いは駄目!名称を変え絶賛PRするのタチが悪いどころではない!その内容に注意が促されています!

リボ払いは駄目…名称を変え絶賛PRするのタチが悪いどころではない…その内容に注意が促されています…

クロネコヤマトのお兄さんが教えてくれた、荷物を送る時、段ボールが潰れないようにするガムテープの貼り方!

クロネコヤマトのお兄さんが教えてくれた、荷物を送る時、段ボールが潰れないようにするガムテープの貼り方…

2階建てバスが減ってしまった理由と!再び導入する動きが出ている理由!

2階建てバスが減ってしまった理由と…再び導入する動きが出ている理由…

サンルーフ付きの車が減った理由!確かに最近あまり見なくなったと話題に!

サンルーフ付きの車が減った理由… 確かに最近あまり見なくなったと話題に…

ヤンキーが高級車に乗れる驚愕の理由!意外に知らない真実が話題に!

ヤンキーが高級車に乗れる驚愕の理由… 意外に知らない真実が話題に…