驚き

樹海の恐怖!自殺名所・青木ヶ原樹海のタブーが話題に!

投稿日:

樹海の恐怖…自殺名所・青木ヶ原樹海のタブーが話題に…

 

自殺名所で有名な樹海。

美しい自然が広がる青木ヶ原樹海ですが、
一歩足を踏み入れるとそこはかなりヤバイ場所になるのです。

足を運ぼうとしているそこあなた。
これでも本当に行きたいと思いますか?

今回は樹海の恐怖を紹介します。

心霊アクセススポット・怖い話しが集まる青木ヶ原樹海とは

自殺の名所として多くの人が命を落とした場所、青木ヶ原樹海。

ここは山梨県富士河口湖町・鳴沢村に広がる原野で富士山の北西に位置しています。

青木ヶ原樹海のすぐ傍には奇しくもあの雄大な富士の山がそびえ立っているのです。

上空から見た際にその木々の様子がまるで海の波々のように見えることから、
「樹々の海」→「樹海」と呼ばれるようになったと言われています。

 

 

今となってはすっかり自殺の名所・心霊スポットとして有名になってしまった青木ヶ原樹海ですが、
その歴史は約1200年とまだ浅く、若い森の部類に入ります。

青木ヶ原樹海は富士箱根伊豆国立公園に属し、
富士山原始林及び青木ヶ原樹海という名称で国の天然記念物です。

青木ヶ原樹海は国立公園の特別保護地域および特別地区に指定されており、
その為、林道から外れての入林は自然公園法・文化財保護法違反となり禁止されています。

本来は自然や文化財を守る為なのですが、
それがかえって人の来ないスポットを作ってしまい、
自殺しやすい場所となってしまっているのです。

青木ヶ原樹海にはどのくらい自殺者が出てしまうのか?

青木ヶ原樹海はそもそもなんで自殺の名所となってしまったのでしょうか?

元々は1959年に松本清張の「波の塔」で
連載が開始されたことがきっかけだと言われています。

遺体は毎年30〜50体近く見つかってきているようで
2003年には100体を超えてしまったのだとか…。

現在、年別全国の自殺者数は以下のようになっています。

少しづつでも減ってきているのが救いですね。

2010年 31690
2011年 30651
2012年 27858
2013年 27283
2014年 25427
2015年 24025
2016年 21897

続きは次ページでご覧ください♪

 

> 続きを読む 

-驚き

執筆者:

関連記事

17歳の少女が妊娠した!?お腹の中にいたのは魚の子だった!?

17歳の少女が妊娠した!? お腹の中にいたのは魚の子だった!?

命がけでないと住めない家3選!罠だらけで怖すぎと話題に!

命がけでないと住めない家3選… 罠だらけで怖すぎと話題に…

「労働基準法なんて関係ないよ」コンビニの雇われ店長の闇を描いたマンガが話題に!

「労働基準法なんて関係ないよ」コンビニの雇われ店長の闇を描いたマンガが話題に…

美しすぎる恐怖の池「ヤコブの井戸」人を死に誘うあまりの綺麗さに背筋が凍る!

ヤコブの井戸の魅力に取りつかれダイバー9人が命を落としています。 そのため、危険を知らせる看板があまりにも恐ろしいと話題になっています。

元鉄道職員が語った飛び込み自殺をしてしまう人たちの共通点!考えさせられると話題に!

元鉄道職員が語った飛び込み自殺をしてしまう人たちの共通点…考えさせられると話題に…