驚き

子どもが子どもを殺すメアリー・ベル事件!詳細が恐ろしいと話題に!

投稿日:

子どもが子どもを殺すメアリー・ベル事件…詳細が恐ろしいと話題に…

 

イギリスで11歳(初犯は10歳)の少女が3歳と4歳の男児を殺害した「メアリー・ベル事件」。

世間を揺るがした事件の詳細は恐怖でしかありませんでした。

メアリー・ベル事件とは

メアリー・ベル事件は1968年5月から7月にかけて
イギリスで11歳(初犯は10歳)の少女メアリー・ベルが3歳と4歳の男児を殺害した事件です。

1人目の被害者

1968年5月、空き家で子どもの遺体が発見されました。

遺体は近くに住む4才の男児マーティン・ブラウンのものでした。

口から血の混じった唾液が付着している以外、
服も綺麗で、争った形跡も外傷もなく、遺体の近くに空になった薬瓶が転がっていたことから、
警察はマーティンが誤って大量の薬を飲んだと断定し、
事故死として処理される事になります。

メアリーは、マーティンの事故死から数週間後に
託児所の備品などを壊し、警察に対して挑発的なメモを残しました。

「私 殺す だからまた来る」

「くそったれ 私たち 殺す
気を付けろ みっともないウジ虫」

「私たちがマーティン・ブラウンを殺した
くそったれ ゲス野郎」

「気を付けろよ 殺しがあるぞ
みっともないウジ虫ばあさんより マヌケ」

メモはマーティンが事故ではなく殺人であった事をほのめかす内容でしたが、
警察はこれを悪質なイタズラとして処理しました。

メアリーに対して捜査の目が及んでいなかったので
この事件で逮捕されることはなくマーティンの葬式にも参列して
棺に横たわる死体とも面会したそうです。

続きは次ページでご覧ください♪

 

> 続きを読む 

-驚き

執筆者:

関連記事

香港の最貧民が暮らす棺桶ハウス!中国格差社会の闇は人間の尊厳への屈辱だった!

香港の最貧民が暮らす棺桶ハウス… 中国格差社会の闇は人間の尊厳への屈辱だった…

馬に顔面を蹴られた女性の悲惨な姿!変わり果てた顔に戦慄が走る!

【閲覧注意】 馬に顔面を蹴られた女性の悲惨な姿… 変わり果てた顔に戦慄が走る…

とある駅員さんがクレーマーに遭遇!駅員さんは怒りで体が震えた、こんなエピソードが話題に!

とある駅員さんがクレーマーに遭遇…駅員さんは怒りで体が震えた、こんなエピソードが話題に…

地上の地獄と言われる世界の危険な地域10選!日本では考えられないと話題に!

地上の地獄と言われる世界の危険な地域10選… 日本では考えられないと話題に…

もしも胃が喋ることが出来たら!?胃が日々不満に思っている本音がシュールで面白い!

\♡『いいね』お願いします♡/ もしも胃が喋ることが出来たら…。 胃が日々不満に思っている本音がシュールすぎると話題に! いつも胃は頑張っているんです 出典:benpi-ch.net 普通の人間は食べ …