豆知識

2階建てバスが減ってしまった理由と!再び導入する動きが出ている理由!

投稿日:

2階建てバスが減ってしまった理由と…再び導入する動きが出ている理由…

 

2階建てバスが一時期減っていたことをご存じでしょうか。

メーカーの生産中止で台数が減っていましたが、また導入する方向で話が進んでいます。

今回は2階建てバスが減っている理由と再び導入する理由を紹介します。

2階建てバスが減ってしまった理由

2階建てバスは夜行バスや観光バスなどで導入されてきました。

しかし近年、日本のメーカーは生産を取りやめていたため、
次第に台数は減っていました。

ところが、再び2階建てバスを導入する動きが出ています。
その理由はバリアフリーや輸送力の拡大があります。

岩手県北バスでは7月31日付けで盛岡から宮古の間で2階建てバスを取り入れることを決定しています。

これまで同社が活用していたバスに比べて席数が10席以上増加し、
さらに2階席には広めの席を用意することで景色を楽しめる作りにしたのです。

実は地方では赤字路線が拡大しているのですが、
盛岡から宮古の間の路線では年間30万人もの利用者を誇り、
本数は1日18往復と多めです。

同社としてはドル箱路線で、ここで稼いでおきたいところなのです。
そこで同路線を利用する観光客の満足度を高めるサービスを導入することで、
より利用者を増やそうという狙いがあります。

2階建てバスにより人件費を増やさずに輸送力を強化することができるのも
2階建てバス導入の強みだとしています。

場所は変わりますが、関東でも再び2階建てバスの導入がなされています。

2階建てバスを導入したのは京成バスです。
導入路線は、東京駅と成田空港の間を走る有楽町シャトルバスです。

2020年のオリンピックを見据え、
輸送力の強化とバリアフリーにより配慮したバスを目指した結果としています。

続きは次ページでご覧ください♪

 

> 続きを読む 

-豆知識

執筆者:

関連記事

車のサイドブレーキが減っている理由!意外と知られていないと話題に!

車のサイドブレーキが減っている理由…意外と知られていないと話題に…

新車にスペアタイヤを搭載しなくなった理由!その背景には意外な理由があった!

JAFの出動理由で毎年上位となるタイヤのパンク。 今から20年前、ほとんどの国産車はスペアタイヤの搭載は当たり前でジャッキやスパナーなど色々な応急処置用の道具を積んでいまた。 しかし、最近の新車ではス …

あずきバーを炊飯器へ入れて一緒に炊く、と言う驚きの投稿!一体どうなるかと言うと!

あずきバーを炊飯器へ入れて一緒に炊く、と言う驚きの投稿…一体どうなるかと言うと…

新幹線の切符を家に忘れてきてしまったときの救済処置!意外と知られていなかったと話題に!

新幹線の切符を家に忘れてきてしまったときの救済処置… 意外と知られていなかったと話題に…

被災地に送られても困る支援物資!被災者が本当に必要としているモノか送る前に考えて!

被災地に送られても困る支援物資…被災者が本当に必要としているモノか送る前に考えて…