体験談

母親は子供の泣き方に違和感を感じた!医者は赤ちゃんを一目見て死ぬ程の恐怖を感じる!

投稿日:

母親は子供の泣き方に違和感を感じた…医者は赤ちゃんを一目見て死ぬ程の恐怖を感じる…

 

母親は子供の泣き方に違和感を感じた

新生児に発生する病気の中でも脳腫瘍ほど恐ろしく、
親にとって絶望の淵に叩き込まれる病気はないでしょう。

アメリカ・シンシナティに住む
カリッサ&マット・ハットフィールド夫妻が経験した子供の病気の症状は
常識ではあり得ない程奇妙で正に地獄から天国へジェットコースターのような展開を呈しました。
正に奇跡的な結末が世界中で話題になりました。

ハットフィールド夫妻に生後3か月の娘ペイズリーがいました。
ペイズリーの存在はこの夫妻にとって幸せの源でした。

普通なら赤ちゃんの笑顔は何よりも親に喜びを与えてくれるものです。
しかし母親はぴずりーの笑顔の不自然さに気付きました。

「ペイズリーが泣く時、左目がちゃんと閉じない事に気がついたの。
笑うときも口の左側が動かなかった」

 

 

医者は赤ちゃんの頭部をCTスキャンで撮影した…

心配になったカリッサとマットはペイズリーを病院へ連れて行きました。

医師はペイズリーを一目見てすぐに頭部のスキャン画像を取ることにしました。
そして、その画像から医師が両親に伝えた診断結果は最悪なものでした。

悪い予感が的中しました。
ペイズリーの頭部のスキャンが撮られ、
額の左側、脳のすぐ横に腫瘍が見つかったのです。

診断結果を聞いたカリッサは困惑しました。

「親にとって自分の子どもが重い病気で死んでしまうかもしれないと思うほど、辛いことはないと思う」

 

続きは次ページでご覧ください♪

 

> 続きを読む 

-体験談

執筆者:

関連記事

いじめられっ子を救った息子!特別なことではない何気ない行動に称賛の声!

いじめられっ子を救った息子…特別なことではない何気ない行動に称賛の声…

カーセンサーで2450万円のベルファイアを発見!もはや別の車だった!

カーセンサーで2450万円のベルファイアを発見…もはや別の車だった…

絶滅危惧種みたいなおじさんからのDM内容!こんな事する人がまだ存在したなんて!

絶滅危惧種みたいなおじさんからのDM内容…こんな事する人がまだ存在したなんて…

初めて選挙に行ってきた未成年女性の感想!今後の選挙について考えさせられる!

初めて選挙に行ってきた未成年女性の感想… 今後の選挙について考えさせられる…

厳しい刑務所の出産事情…「出産時に手錠させられたふざけんな!生まれてすぐ離れ離れ…」

厳しい刑務所の出産事情… 「出産時に手錠させられたふざけんな!生まれてすぐ離れ離れ…」