驚き

DNA鑑定で明らかになった切り裂きジャックの正体!英国犯罪史上最大の連続殺人鬼の素顔が話題に!

投稿日:

DNA鑑定で明らかになった切り裂きジャックの正体…
英国犯罪史上最大の連続殺人鬼の素顔が話題に…

 

1888年、イーストロンドンのホワイトチャペル地区で
娼婦を狙った猟奇的な連続殺人事件が発生し、
イギリス全土を恐怖のどん底に突き落とした。

その手口はメスの様な鋭利な刃物でのどを切り裂き、
内蔵まで摘出するという残酷なもので判明しているだけでも5人の女性が犠牲となっている。

結局未解決に終わったこの事件の犯人は切り裂きジャックと呼ばれ、
その正体を巡ってこれまで多くの説が唱えられてきた。

また本や映画の題材にもなるなど、大勢の人間がその闇に魅せられ、
想像力と好奇心をかき立てられてきた。

126年の時を経てついに、この犯罪史上最大の謎が
現代の科学捜査によってついに明らかとなったそうだ。

切り裂きジャックの正体

DNA鑑定によ、切り裂きジャックの正体はポーランドからの移民、
アーロン・コスミンスキであることがわかったそうです。

事件解明のきっかけとなったのは2007年、
あるオークションに出品された血痕付きのショールです。

このショールは切り裂きジャックの犠牲者の1人、
キャサリン・エドウッズの脇に落ちていた物で付着した血液は彼女から流れ出たものだと説明されていました。

出品者デビッド・メルビル・ヘイズ氏の話では彼の先祖は当時警官で
犯行現場に立ち会った際に上司に頼んでこのショールを手に入れたそうです。

ヘイズ氏は1999年にこのショールをロンドン警視庁の犯罪博物館に寄贈しましたが、
その由来を証明できなかったため、公開されることはありませんでした。

2001年、ヘイズ氏の意向で同好者によって毎年開催されている切り裂きジャック会議に展示され、
また2006年にはチャンネル5のドキュメンタリー番組向けに科学的な鑑定を受けていますが、結論は出ないままであった。

このショールがオークションに出品されたとき、
大抵の切り裂きジャック研究家は一笑に付しただけでした。

だが、これに何かを感じ取った男がいました。
その男の名はラッセル・エドワーズ。

推理を趣味とし、長年切り裂きジャックの謎を追い求めてきた48歳のビジネスマンです。

2007年にオークションで購入したショールを掲げるラッセル・エドワーズ氏。
切り裂きジャックの犯行現場に落ちていたものだという。

彼は犯罪博物館で当時の警察はアーロン・コスミンスキという男が
真犯人であるとほぼ断定していたという話を聞いていました。

コスミンスキ容疑者はロシアの虐殺から逃れるため
1880年代初頭にロンドンに移り住んできたユダヤ系ポーランド人です。

職業はホワイトチャペル地区の美容師であったが、
幻聴を伴う妄想型統合失調症に罹患しており、女嫌いで自慰癖があったという。

警察は同容疑者を24時間監視下に置いていたが、
証拠不十分で検挙できず、結局彼は残る生涯を精神病院で過ごすことになります。

エドワーズ氏はこの話を聞くと彼が真犯人であると確信し、
その証拠を探すことにしました。

続きは次ページでご覧ください♪

 

> 続きを読む 

-驚き

執筆者:

関連記事

隣人が彼女にしたいくらい美人で告白までされた!⇒しかし俺はそれを断った…

\News BFC に『いいね』お願いします/ とある男性が引越した先のアパートには、とても美人で好みの美女が住んでいたそうです。 その美女に告白までされたのに、この男性はその告白を断ったというのです …

飲みかけのペットボトルを3時間放置した結果!とんでもない事になった!

飲みかけのペットボトルを3時間放置した結果… とんでもない事になった…

自閉症の子供が見ている世界!理解するのが難しい理由がわかる!

自閉症の子供が見ている世界… 理解するのが難しい理由が分かる…

注意喚起!子供の「トイレ貸して下さい」という犯罪手口に衝撃が走る!

子供の「トイレ貸してください」は注意すべし! トイレを借りるふりをした犯罪の実態に驚きます。 驚くべき犯罪の手口とはどうなんでしょうか?

死に関わる仕事現場で起きた不気味すぎる恐怖体験!ホラーは死後に起きていた!

死に関わる仕事現場で起きた不気味すぎる恐怖体験… ホラーは死後に起きていた…