豆知識

UFOは江戸時代に既に目撃されていた?UFOが最初に登場した文献が話題に!

投稿日:

UFOは江戸時代に既に目撃されていた?UFOが最初に登場した文献が話題に…

 

時々テレビなどでもUFOに関する特集がありますが、
一体いつ頃から目撃されるようになったのか気になりますよね。

今回は既にUFOは江戸時代から目撃されていたというエピソードを紹介します。

UFOが最初に登場した文献

UFOが最初に日本で登場した文献は『南総里見八犬伝』などで知られる
滝沢馬琴が1825年にまとめた『兎園小説』です。

この兎園小説は江戸時代の文人たちが集まって珍しい話や
怪談を語ったという兎園会で話された内容をまとめたものです。

1803年、現在の茨城県あたりのはらやどり浜の沖合に不思議な小舟が現れ、
その形状はお香の入れ物のような円形で直径は三間(5,4m)、
上部は硝子障子(ガラス張り)で継ぎ目はチャン(松脂)で塗り固められ、
底も丸く、鉄板を筋のように張り合わせてあったとされています。

その小舟には眉と髪は赤く、顔色は桃色で白く長い付け髪をした女性が1人乗っていて、
60cmほどの箱を大事そうに抱えて微笑んでいたそうです。

これには当時のロシア人説や架空説など諸説ありますが、
決定的な証拠がないことからUFO説が根強く残っています。

 

続きは次ページでご覧ください♪

 

> 続きを読む 

-豆知識

執筆者:

関連記事

全人類で東に走れば地球の自転を止められる?実験が天才的だと話題に!

全人類で東に走れば地球の自転を止められる? 実験が天才的だと話題に…

身体が悲鳴をあげている時のサイン7選!当てはまっていたら危険だと話題に!

身体が悲鳴をあげている時のサイン7選… 当てはまっていたら危険だと話題に…

外出自粛に関する認識のズレ!1日も早い収束を目指すにはまずこのズレを埋めることがとても重要!

外出自粛に関する認識のズレ…1日も早い収束を目指すにはまずこのズレを埋めることがとても重要…

手のひらのホクロの意味!あればもしかしたら幸運に恵まれるかも!

手のひらのホクロの意味… あればもしかしたら幸運に恵まれるかも…

これがわからない人は人が離れていく!そんなツイートに深く考えさせられる!

これがわからない人は人が離れていく… そんなツイートに深く考えさせられる…