豆知識

世紀の大誤報「光文事件」は誤報ではなかった?こんな裏側があったなんて!

投稿日:

世紀の大誤報「光文事件」は誤報ではなかった?こんな裏側があったなんて…

 

5月から新年号「令和」が始まりましたが
一番最初の年号は意外と知られていません。

実は645年に起きた大化の改新から「大化」と命名されました。

それから私たちがよく知っている明治・大正・昭和・平成となるのですが、
大正15年の新元号決定の時に「ある事件」が起きていました。

光文事件とは

光文事件とは、毎日新聞の前身である東京日日新聞が
発表前に新元号が「光文」だと大々的にスクープしたのですが、
実際に発表されたのは「昭和」で大誤報に。

結果的には東京日日新聞の編集局主幹だった城戸元亮氏が辞任して事態が収束されました。

続きは次ページでご覧ください♪

 

> 続きを読む 

-豆知識

執筆者:

関連記事

毛を剃ったり抜いたりすると本当に濃くなるのか?もっと早く知っておけばよかったと話題に

毛を剃ったり抜いたりすると本当に濃くなるのか? もっと早く知っておけばよかったと話題に…

世界最強のフレックステープが凄すぎる!間違いなく世界最強だった!

世界最強のフレックステープが凄すぎる… 間違いなく世界最強だった…

人工知能を搭載したラブドール!まるで人間か?と大ヒット商品となる!

人工知能を搭載したラブドール… まるで人間か?と大ヒット商品となる…

高速道路の真ん中車線の幅が広い理由!安全に走行できるように配慮されていた!

高速道路の真ん中車線の幅が広い理由… 安全に走行できるように配慮されていた…

なぜホホジロザメは水族館にいないのか?実は展示するのが難しいサメだった!

なぜホホジロザメは水族館にいないのか… 実は展示するのが難しいサメだった…