豆知識

CTスキャンなどで明らかとなった歴史的遺物の中身!

投稿日:

CTスキャンなどで明らかとなった歴史的遺物の中身…

 

CTスキャンなどで明らかとなった歴史的遺物の中身

ここ近年では歴史的建造物の調査にCTスキャンや
様々なハイテク機器が使用されているのはご存知ですか???

今までは何か見つけたってなるととりあえずぶっ壊していたそうですが、
今では壊さなくても中身が分かるようになったんですね。

リネンの包帯で包まれたメレサムン

メレサムンはアモン・ラーの神域であるテーベのカルナック神殿複合体において女流歌手でした。

紀元前800年に30歳ほどで亡くなったという。

豪華に装飾された棺(トップの写真)におさめられていた彼女のミイラは
1920年からずっとシカゴ大学の東洋研究所に保管されています。

棺はとても厳重に封印されていたため、
幸いなことに誰も開けようとしなかった。

さもなければ美しい外装が損なわれてしまったのでしょう。

2009年、シカゴ大医療センターの256スライススキャナーを使って
メレサムンはCTスキャンにかけられました。

これで棺の中から包帯の下までのあらゆる層をヴァーチャルにひもとくことができ、
残っている皮膚、腱、筋肉、詰め物、体に施された防腐処理、骨格まで詳細がわかりました。

彼女には親知らずを含むすべての歯が残っていて、
虫歯はひとつもなく、右足の親指に腱膜瘤があったという。

死因がなんであれ、このミイラの体にはその痕跡が見当たりません。

カロリング朝の壺の中身

2014年、スコットランドのダムフリースとギャロウェイで
金属探知機愛好家が発見したバイキングの秘蔵品が発掘されました。

それらはさまざまな国や文化の銀塊、純金、銀の装飾品、ガラス玉など100点以上もの貴重品でした。

二層目の地層からはふたでしっかり封印された銀合金の壺が出てきました。

壺の様式や装飾から780年から900年の間、
西ヨーロッパにあったカロリング朝の一品であることがわかった。

銀合金中の銅の腐食によって壺はグリーンに変色しています。

考古学者たちは内容物が不明なまま、ふたを開けて
中身を損なう危険は冒したくなかったため、CTスキャンにかけることにしました。

その結果、アングロサクソンの透かし細工のブローチ、
4つの銀のブローチ、金塊、金メッキされた象牙の玉が
それぞれ布のようなものに保護されておさめられていることがわかりました。

続きは次ページでご覧ください♪

 

> 続きを読む 

-豆知識

執筆者:

関連記事

人間が耐えられる肉体的な限界値!もしもの時に役立つと話題に!

人間が耐えられる肉体的な限界値… もしもの時に役立つと話題に…

北朝鮮と韓国の違い5選!同じ人種なのに全然違う!

北朝鮮と韓国の違い5選…同じ人種なのに全然違う…

女性の3歩下がって歩くの本当の意味!男らしさ溢れる素敵な風習だった!

女性の3歩下がって歩くの本当の意味…男らしさ溢れる素敵な風習だった…

たった15秒でもやしの保存期間を伸ばす方法!誰でも簡単にできる方法だった!

たった15秒でもやしの保存期間を伸ばす方法… 誰でも簡単にできる方法だった…

雨の日に撮影された東京駅!この世のものとは思えない程の幻想的な雰囲気に!

雨の日に撮影された東京駅… この世のものとは思えない程の幻想的な雰囲気に…