豆知識

昭和に流行したビーズバッグを捨てずに保管しておくべき理由!ビーズバッグは捨てちゃダメだと話題に!

投稿日:

昭和に流行したビーズバッグを捨てずに保管しておくべき理由…
ビーズバッグは捨てちゃダメだと話題に…

 

昭和に流行したビーズバッグ、見たことありますか?
お母さんやお祖母さんが持ってる・実家にあるという人も少なくない、
一時期非常に流行した品です。

大正時代に欧米からビーズの装飾品が伝わり、
戦後日本で独自の発展を遂げたと言われるビーズバッグ。

戦後、経済状況が良くなるにつれて着物に合わせてビーズ刺繍のバッグが作られるようになり、
和装といえばビーズバッグと連想できるくらいになりました。

ビーズは最近の大量生産された安価なものとは違い、
質の高いもので手工業で全面がびっちりビーズで覆われ、
精巧な刺繍が施されました。

そんな職人技のビーズバッグは今では廃れ、
ビーズといえばハンドクラフトの趣味を持つ人が扱っているくらいの印象です。

洋服やドレスの襟元や裾に少し縫い付けられている場合もありますが、
それほど数は多くありません。

そんな残念ながら廃れてしまったビーズバッグについて、
作家の加門七海さんはツイッターで「捨てちゃダメ」と訴えました。

ビーズバッグを捨てずに保管しておくべき理由

加門七海@kamonnanami

昭和に流行ったビーズバッグ。
持っている人は捨てちゃダメだよ。いらないと思ったら誰かに譲って。ほつれてダメになってたら、手芸する人に材料としてあげて。

光り輝く日本のビーズはスワロスキーですら再現できない。なのに、作る人がもういない。
凝った口金もご同様。最早消えるのみだから。

Twitterで画像を見るTwitterで画像を見るTwitterで画像を見る
58,181人がこの話題について話しています

引用:https://twitter.com/kamonnanami/status/868773591487098880

昭和に流行ったビーズバッグ。
持っている人は捨てちゃダメだよ。いらないと思ったら誰かに譲って。
ほつれてダメになってたら、手芸する人に材料としてあげて。

光り輝く日本のビーズはスワロスキーですら再現できない。
なのに、作る人がもういない。
凝った口金もご同様。最早消えるのみだから。

びっしり埋まったビーズが非常に綺麗。

数十年前の品とは思えないほど、
今でも見劣りしないのは流石の職人技ということでしょうか。

確かに作る人がもうほとんど残っていないのは勿体無い限りです…。

加門七海さんは小説やエッセイだけでなく
オカルト系のルポを書いたり、また日本の民族学や風水に造詣が深く、
美術館で学芸員として勤務していたこともあるそうです。

今回、昭和の職人が作ったビーズバッグや凝った口金について、
そして伝統工芸品などについて訴えかけました。

続きは次ページでご覧ください♪

 

> 続きを読む 

-豆知識

執筆者:

関連記事

金属製の水筒に絶対入れてはいけないもの!知らないとついやってしまう危険も!

金属製の水筒に絶対入れてはいけないもの… 知らないとついやってしまう危険も…

70年前の教科書に載ってる昔の日本!涼しすぎて昔に戻りたいと話題に!

70年前の教科書に載ってる昔の日本…涼しすぎて昔に戻りたいと話題に…

土星のリングの正体!実は奇跡的条件が重なってできたモノだった!

土星のリングの正体… 実は奇跡的条件が重なってできたモノだった…

料理のライフハックはいくら知っていても損はない!ピーマンの種は、とある方法を使えば超簡単に取り除けると話題に!

料理のライフハックはいくら知っていても損はない…ピーマンの種は、とある方法を使えば超簡単に取り除けると話題に…

渋谷の工事中のシャッターの絵!道を歩いてて泣いてしまったと話題に!

渋谷の工事中のシャッターの絵… 道を歩いてて泣いてしまったと話題に…