驚き

元祖シリアルキラーのテッド・バンディ!被害者となった5人の証言が不気味だった!

投稿日:

被害者3.ジョン・ヘンリー・ボーヌさん

彼はテッドの元弁護士で、テッドに初めて会った時に
「彼は生まれながらにして悪」だと感じたそうです。

テッドはジョンさんとの接見で不誠実な態度を見せたため、
直感的に「彼は真実を話していない」と思ったのだとか。

結局、テッドの弁護士は何度も交代し、
テッド自ら法廷に立ったこともありました。

被害者4.ビル・ハグマイヤーさん

FBIの行動科学ユニットのメンバーであるビル・ハグマイヤーさんは
処刑前のテッドと200時間を一緒に過ごしています。

ビルさんは当時を振り返り、
テッドの親しみやすさに困惑したと語っていました。

処刑される最後の日々はテッドはビルさんを「親友」と呼んでいたことも明かしています。

そして、テッドのことは「温かい握手をしてくれる男」という表現も。

しかしビルさんは被害者家族のことを考えて、
テッドの頭脳についての分析に専念してのちの捜査に生かすことに成功しました。

被害者5.アン・ルールさん

1971年、アメリカの自殺防止ホットラインセンターに勤務する
アン・ルールさんは職場でテッドと出会っています。

彼女はテッドが逮捕されたのち、1980年に彼の自伝である
The Stranger Beside Me(『私のそばの他人)を発表して一躍有名になりました。

この著書の中でアンさんはテッドについてこう綴っていました。

アンさんは、

「テッドはとても親切で気遣いができる男性だった。
もし私が独身ならばもし私の娘がもう少し年齢を重ねていれば、
パートナーになる上でこれほど完璧なはいないだろうと思った」

どこか人を魅了する彼の裁判には多くの女性ファンが詰めかけて話題に。

そして1989年1月24日、フロリダ刑務所で死刑が執行されました。

テッド・バンディの事件は1986年に『ダブルフェイス』や
2002年の『テッド・バンディ 全米最高の殺人者』など
映画化やドキュメンタリーとしても取り上げられています。

歴史上最悪の犯罪者の1人だったテッド・バンディ。
二度とこのような犯罪が起きないよう、願うばかりです。

 

参照元:http://kwsklife.com/serialkiller-spooky/

> 前のページへ 

-驚き

執筆者:

関連記事

転校先は不良の学校だった!とっつきやすい不良に話しかけてみた結果!不良人生スタート!

中学校は穏やかで普通に学校生活を送っていた俺。 父親の転勤で転校した学校がスクールウォーズの様に荒れまくった学校だった話。

セーラム魔女裁判で行われていた魔女を見分ける方法!群集心理は恐ろしい!

セーラム魔女裁判で行われていた魔女を見分ける方法… 群集心理は恐ろしい…

ケニアの自然保護区でとても美しい「白いキリン」の親子が発見される…

\♡『いいね』お願いします♡/ 真っ白なキリン発見! 2017年6月にケニアの自然保護区で発見されたとても珍しい真っ白なキリン。 野生の白いキリンが発見された例は2例しかなく、とても珍しいこと。 また …

真夜中の空港で発見されたゴースト・パッセンジャー!存在するはずのない乗客の姿にゾッとする!

真夜中の空港で発見されたゴースト・パッセンジャー… 存在するはずのない乗客の姿にゾッとする…

超危険人物とされたハッカー達!これを見ると怖くてPCを開けなくなる!

超危険人物とされたハッカー達… これを見ると怖くてPCを開けなくなる…