豆知識

恐怖の干しブドウと呼ばれる新種のアリ!ビジュアルが気持ち悪いと話題に!

投稿日:

恐怖の干しブドウと呼ばれる新種のアリ…
ビジュアルが気持ち悪いと話題に…

 

恐怖の干しブドウと呼ばれる新種のアリ

シンガポールといえば高層ビルが立ち並ぶ大都市というイメージが先行しますが
なんとシンガポールの森林で恐怖の干しブドウと呼ばれる
新種のアリが発見されました。

新しく発見されたこのアリはその美しさから
ミルメキナ・マグニフィセンスと名付けられています。

しかし、その名称とは裏腹に恐ろしい干しブドウのようだと感想を漏らす人もいるそうです。

確かに指紋のような体の模様は干しブドウを連想してしまいます。

このような模様をしている理由は身体を乾燥から防ぐためや
フェロモンを身体にまとうためなど
憶測は様々ですが生物学的な裏付けは未だされていないそうです。

この干しブドウ模様をカッコいいとみるか恐ろしいとみるかは人それぞれでしょう。

アリを見分ける上で生物学的に重要な身体的特徴は
節刺と呼ばれる背部の出っ張りであると言います。

この節刺の形状や向きが新種かどうかを見分ける際に大きな役割を果たすとされています。

そして、ミルメキナ・マグニフィセンスの節刺はこれまで発見されているフシアリ科のアリと違い、
前方に突き出している点で非常に珍しいそうです。

写真からはわかりにくいですがミルメキナ・マグニフィセンスの体長はなんと4.5mmしかありません。

イカツイ見た目からは想像もできない超極小サイズです。
いったいどのようにこれほど小さい生き物を発見したのでしょうか?

続きは次ページでご覧ください♪

 

> 続きを読む 

-豆知識

執筆者:

関連記事

中国が日本に本気で攻めてこない理由!日本が誇る自衛隊の軍事力が凄すぎる!

中国が日本に本気で攻めてこない理由・・・ 日本が誇る自衛隊の軍事力が凄すぎる・・・

インフルエンザにかかりにくい人の5つの特徴!うがいに予防効果はほとんどなかった!

インフルエンザにかかりにくい人の5つの特徴… うがいに予防効果はほとんどなかった…

トイレに流すと詰まる意外なもの5選!これらは絶対に流さないで!

トイレに流すと詰まる意外なもの5選…これらは絶対に流さないで…

絶滅間近の珍しい名字20選!あの有名人の本名もそうだった!

日本には現在漢字で11万5千種、読みで17万種もの名字があります。 そんなたくさんある名字の中から今回は特に少ない珍しい名字を紹介します。

東京都内6万円のありえない物件!常識破りの部屋だと海外の笑いものに!

東京都内6万円のありえない物件… 常識破りの部屋だと海外の笑いものに…