泣ける話

ユダヤ人たちが庇った戦後戦犯に指名された日本人!その理由を知ったら涙が止まらない!

投稿日:

ユダヤ人たちが庇った戦後戦犯に指名された日本人…
その理由を知ったら涙が止まらない…

 

第二次世界大戦中、6000人のユダヤ人難民に
「命のビザ」を発給したことで知られる
元外交官・杉原千畝の存在を知る人は少なくありません。

しかし、先の大戦で大勢のユダヤ人難民を救った
もう一人の日本人・樋口季一郎の名を知る人は、
残念ながらそう多くないのが現状です。

ユダヤ人たちが庇った戦後戦犯に指名された日本人

1888年、兵庫県・淡路島で5人兄弟の長男として生まれた季一郎さん。

彼は1909年に陸軍士官学校へ進むと同時に並行して
東京外語学校でロシア語を学ぶほどの秀才でした。

そして31歳で陸軍大学校を卒業後、ロシア語が堪能だったことから、
当時日本がシベリア出兵を行なっていたウラジオストクへ赴任。

その後、得意のロシア語を活かしてロシア各地や
ポーランドを転々とした樋口さんは1935年に満州のハルビンへ着任。

そして翌年の1938年、この満州の地で彼の人生を大きく変える出来事が起こります。

1938年3月、樋口さんの赴任先だったハルビンから
約500km離れた旧ソ連と満州の国境に位置する
シベリア鉄道・オトポール駅(現・ザバイカリスク駅)に、
ナチスの迫害を逃れて18名のユダヤ人難民たちがやってきました。

彼らがこの極東の地に降りたった唯一の目的。
それは中国の上海租界への亡命でした。

しかし当時、日本が日独防共協定を結んでいたナチス・ドイツへの配慮から
満州国の外交部はユダヤ人難民に入国許可を下ろすことを渋っていました。

続きは次ページでご覧ください♪

 

> 続きを読む 

-泣ける話

執筆者:

関連記事

ひとりで薬局に来た8歳の女の子。『これください』薬剤師『ごめんね、そういうの売ってないんだ』買いに来たものを知って涙が止まらない!

ひとりで薬局に来た8歳の女の子。 『これください』 薬剤師『ごめんね、そういうの売ってないんだ』 買いに来たものを知って涙が止まらない・・・

事故って目覚めると8年が経ち嫁と子供がいた!周囲が「離婚しろ!」しかし衝撃な真相が!

ある男性がバイク事故で8年間も意識不明に! 奇跡的に目覚めると、見知らぬ女性と子供が「自分の家族」だと…。 周囲は「離婚しろ!」と。状況を掴めぬ男性に告げられた衝撃の真相とは?

柴咲コウが黒髪をばっさり切り落とした理由に日本中が涙した…。

女優・歌手の柴咲コウが黒髪のストレートなロングヘアをばっさり切った姿をインスタグラムに公開! 『ヘアドネーション』のために切った事を知ったファンから称賛の声が集まりました!

身勝手な飲酒運転手の行動で愛する夫と息子を失った21歳の女性!その悲痛な訴えに涙が止まらない!

「自分は、大丈夫!」そう思い込み飲酒運転をしてしまうのが、人間の心理です。 しかし、その身勝手な行為で、自分と他人を不幸にするかもしれません・・・

交通事故で家内を亡くし加害者から謝罪を受けた男性!悲しみから立ち直ることを決意するが…。

交通事故で家内を亡くした男性。 加害者から謝罪を受け悲しみから立ち直ることを決意するが…。