泣ける話

ユダヤ人たちが庇った戦後戦犯に指名された日本人!その理由を知ったら涙が止まらない!

投稿日:

ユダヤ人たちが庇った戦後戦犯に指名された日本人…
その理由を知ったら涙が止まらない…

 

第二次世界大戦中、6000人のユダヤ人難民に
「命のビザ」を発給したことで知られる
元外交官・杉原千畝の存在を知る人は少なくありません。

しかし、先の大戦で大勢のユダヤ人難民を救った
もう一人の日本人・樋口季一郎の名を知る人は、
残念ながらそう多くないのが現状です。

ユダヤ人たちが庇った戦後戦犯に指名された日本人

1888年、兵庫県・淡路島で5人兄弟の長男として生まれた季一郎さん。

彼は1909年に陸軍士官学校へ進むと同時に並行して
東京外語学校でロシア語を学ぶほどの秀才でした。

そして31歳で陸軍大学校を卒業後、ロシア語が堪能だったことから、
当時日本がシベリア出兵を行なっていたウラジオストクへ赴任。

その後、得意のロシア語を活かしてロシア各地や
ポーランドを転々とした樋口さんは1935年に満州のハルビンへ着任。

そして翌年の1938年、この満州の地で彼の人生を大きく変える出来事が起こります。

1938年3月、樋口さんの赴任先だったハルビンから
約500km離れた旧ソ連と満州の国境に位置する
シベリア鉄道・オトポール駅(現・ザバイカリスク駅)に、
ナチスの迫害を逃れて18名のユダヤ人難民たちがやってきました。

彼らがこの極東の地に降りたった唯一の目的。
それは中国の上海租界への亡命でした。

しかし当時、日本が日独防共協定を結んでいたナチス・ドイツへの配慮から
満州国の外交部はユダヤ人難民に入国許可を下ろすことを渋っていました。

続きは次ページでご覧ください♪

 

> 続きを読む 

-泣ける話

執筆者:

関連記事

いつも私に「謎の瞬き」するネコが亡くなった→その意味を知った私は胸が引き裂かれた…

\News BFC に『いいね』お願いします/ 家庭で飼っているネコが、いつも彼女ばかりに「謎のまばたき」をしてきた。 しかし、ネコが亡くなってからその「謎のまばたき」の理由を知った彼女は思わず涙… …

怪我をして保護されたペンギン。 別れの時に見せた『ありがとう』に涙する!

幼い頃に怪我をして保護されたペンギン。 保護主との別れの瞬間に見せた『ありがとう』に涙する…

元爆発物探知犬は大勢の人に見送られた!21発の礼砲を捧げられながら天国へ旅立つ!

世界大戦で気が遠くなるほどの人命が失われたのにも関わらず、人間は今でも争い続けています…。 今回は、人間の争いによって生まれた戦争の戦地で大活躍した1匹の犬がいました!

コロナの影響でやむなく閉店を決めたというお店!お店の看板に綴ったメッセージに涙する人が続出!

コロナの影響でやむなく閉店を決めたというお店…お店の看板に綴ったメッセージに涙する人が続出…

「何でこんなことも出来ないの!」⇒泣きながら言った娘の一言が胸に突き刺さる…

\News BFC に『いいね』お願いします/ 念願の子供を授かった時、母親はとても嬉しく大切に育てようと決心する。 だが、育児の現実はそう甘くない事に気付きストレスになってしまう… そんな、時あなた …