泣ける話

ユダヤ人たちが庇った戦後戦犯に指名された日本人!その理由を知ったら涙が止まらない!

投稿日:

ユダヤ人たちが庇った戦後戦犯に指名された日本人…
その理由を知ったら涙が止まらない…

 

第二次世界大戦中、6000人のユダヤ人難民に
「命のビザ」を発給したことで知られる
元外交官・杉原千畝の存在を知る人は少なくありません。

しかし、先の大戦で大勢のユダヤ人難民を救った
もう一人の日本人・樋口季一郎の名を知る人は、
残念ながらそう多くないのが現状です。

ユダヤ人たちが庇った戦後戦犯に指名された日本人

1888年、兵庫県・淡路島で5人兄弟の長男として生まれた季一郎さん。

彼は1909年に陸軍士官学校へ進むと同時に並行して
東京外語学校でロシア語を学ぶほどの秀才でした。

そして31歳で陸軍大学校を卒業後、ロシア語が堪能だったことから、
当時日本がシベリア出兵を行なっていたウラジオストクへ赴任。

その後、得意のロシア語を活かしてロシア各地や
ポーランドを転々とした樋口さんは1935年に満州のハルビンへ着任。

そして翌年の1938年、この満州の地で彼の人生を大きく変える出来事が起こります。

1938年3月、樋口さんの赴任先だったハルビンから
約500km離れた旧ソ連と満州の国境に位置する
シベリア鉄道・オトポール駅(現・ザバイカリスク駅)に、
ナチスの迫害を逃れて18名のユダヤ人難民たちがやってきました。

彼らがこの極東の地に降りたった唯一の目的。
それは中国の上海租界への亡命でした。

しかし当時、日本が日独防共協定を結んでいたナチス・ドイツへの配慮から
満州国の外交部はユダヤ人難民に入国許可を下ろすことを渋っていました。

続きは次ページでご覧ください♪

 

> 続きを読む 

-泣ける話

執筆者:

関連記事

みさえ「あなたの1ヶ月分の給料落としちゃった…」ひろし「何だ、そんなことか」ひろしの言葉に感動!

みさえ「あなたの1ヶ月分の給料落としちゃった…」 ひろし「何だ、そんなことか…」ひろしの言葉に感動の嵐!

与えられた食べ物を必ず残す犬!雨の日でも必ずどこかへ運んで行く…その理由に涙した!

与えられた食べ物を必ず残し、どんな日も必ずどこかへ運ぶ犬。 不思議に思い、後をつけてみると驚きの光景を目にした…。

「僕を捨てないで!」施設前で飼い主に必死ですがる犬の姿に涙が止まらない!

「僕を捨てないで!」 施設前で飼い主に必死ですがる犬の姿に涙が止まらない…

母が突然電話で沖縄に行かない?と誘ってきた!断ったその後の展開に涙が止まらない!

母が突然電話で沖縄に行かない?と誘ってきた…断ったその後の展開に涙が止まらない…

たった1ページのショート漫画『姉』!多くの姉弟たちが共感して泣いた名作がこちら!

たった1ページのショート漫画『姉』が話題に。 多くの姉弟たちが共感して泣いた名作ショート漫画をご紹介します!