考える

全身に紫色のスプレーをかけられた犬!間違った情報が最悪な結果に!

投稿日:

全身に紫色のスプレーをかけられた犬…間違った情報が最悪な結果に…

 

全身に紫色のスプレーをかけられた犬

南米に位置するエクアドルにある「ダーウィン動物病院」。

ここにキティという小さい犬が診察に訪れました。

キティのまぶたには被毛がない部分が見受けられ、
獣医はダニが寄生していると診断し治療をしました。

その後、飼い主さんは

「被毛が生えてこなかったり、
症状が悪化したらまた病院へ連れてきてください」

と告げられます。

その診断から9ヶ月。
キティが病院に来ることはありませんでした。

診察から9ヶ月が過ぎたころに

再び飼い主さんはキティを連れて病院へ訪れます。

するとキティの姿は驚きの姿になっていたのです。
なんと白い犬だったはずのキティが全身紫色になっていました。

しかもまぶた付近だけだった脱毛が全身にまで及んでしまっていて、
あちこちで皮膚に炎症が起きてしまっています。

実は、キティの症状が良くならなかったため、
飼い主は他の病院へ連れて行ったのです。

そこでは、注射へビタミン剤の投与が行われましたが、
キティの症状が良くなることはありませんでした。

続きは次ページでご覧ください♪

 

> 続きを読む 

-考える

執筆者:

関連記事

子供にノリで全身の毛を固められた子犬!獣医たちは懸命に治療するも、子犬の心の傷は深かった!

全身をノリで固められた子犬は、犬とは思えぬような悲惨な姿になっていた…。 絶望視されたが、懸命な獣医の治療で、子犬は命を取り留めた。 しかし、子犬の心の傷は癒えずにいました。

猫が大好きな年金暮らしの92歳のおばあさん!捨て猫を保護してあげている行動に胸が熱くなる…。

猫が大好きな92歳のおばあさん。 家の前に度々捨てられる猫を保護してあげている活動が注目されています。

匿名で届いたセブンイレブン店舗従業員の本音!闇が深すぎると話題に!

匿名で届いたセブンイレブン店舗従業員の本音…闇が深すぎると話題に…

中国のモーターショーで起こったハプニング!人を絶対挟まないドアがとんでもないことを!

中国のモーターショーで起こったハプニング…人を絶対挟まないドアがとんでもないことを…

飼い主に「もういらない!」と売られる犬!当たり前のように残酷なことをする悪徳業者から犬を救った!

アジアの一部区域で、当たり前のように行われている犬や猫の食文化。 しかし、飼っていたペットをそこに売っている飼い主がいるのも事実だそうです…。