豆知識

車のコラムシフトが消えていった理由!時代の流れを感じると話題に!

投稿日:

車のコラムシフトが消えていった理由…時代の流れを感じると話題に…

 

1990年代にはミニバンや商用車、軽自動車などが採用していたコラムシフトですが
現在ではほとんど見かけなくなってしまいました。

今回は車のコラムシフトが消えていく理由を紹介します。

コラムシフトとは

コラムシフトはハンドルの脇に変速レバーがついているタイプであり、
運転操作をするハンドルから位置が近いのが最大の特徴です。

MT、ATどちらのタイプもあるのですが
近年ではMTのシフトコラムはタクシーなど一部の車両を除きほぼ見なくなりました。

MTのコラムシフトはレバーの遊びが大きく、ギアが切り替わる時のダイレクトな操作感に欠けていました。

また、運転中にギアポジションを目で確認しやすいフロントシフトに比べ
1と3速、2と4速といった隣り合うギアの確認がしづらく、
スポーツモデルなどで多段化が進むと淘汰されるようになりました。

そして、1990年代以降、多くのミニバンや商用車で採用されていました。

理由はステアリングの近くにあるため操作性に優れ、
運転席と助手席の間に空間を確保でき、足元を広く取ることができるためです。

これにより車内での移動が楽になり、
ミニバンなどでも好んで採用されていました。

それに対してATのコラムシフトは様々なメリットがあることから主流というほどではありませんが
比較的多くの車種にも採用されています。

最初はトヨタ エスティマ、ホンダ オデッセイ、マツダ MPVなどのSUVに採用。

90年代後半には軽自動車へも普及し、スズキ ワゴンR、MRワゴン、ラパン、
ダイハツ ムーブ、ミゼット Ⅱ、ホンダ ザッツ、ライフ、日産 モコ、三菱 eKワゴンなどが採用していました。

続きは次ページでご覧ください♪

 

> 続きを読む 

-豆知識

執筆者:

関連記事

会社に送られてきた荷物の緩衝材の再利用方法!ナイスアイディアだと話題に!

会社に送られてきた荷物の緩衝材の再利用方法… ナイスアイディアだと話題に…

中古車が相場より安くなる理由!激安中古車には訳があった!

中古車が相場より安くなる理由… 激安中古車には訳があった…

現在の科学では説明できない奇妙な4つの発見!世の中には不思議なことが沢山あった!

現在の科学では説明できない奇妙な4つの発見… 世の中には不思議なことが沢山あった…

タイヤを車止めに当てて停めないほうが良い理由!意外と知らないと話題に!

タイヤを車止めに当てて停めないほうが良い理由… 意外と知らないと話題に…

女性が結婚相手の男性に求めるのは四低と3生男子!三高なんて遥か昔の話だった!

女性が結婚相手の男性に求めるのは四低と3生男子…三高なんて遥か昔の話だった…