豆知識

車のコラムシフトが消えていった理由!時代の流れを感じると話題に!

投稿日:

車のコラムシフトが消えていった理由…時代の流れを感じると話題に…

 

1990年代にはミニバンや商用車、軽自動車などが採用していたコラムシフトですが
現在ではほとんど見かけなくなってしまいました。

今回は車のコラムシフトが消えていく理由を紹介します。

コラムシフトとは

コラムシフトはハンドルの脇に変速レバーがついているタイプであり、
運転操作をするハンドルから位置が近いのが最大の特徴です。

MT、ATどちらのタイプもあるのですが
近年ではMTのシフトコラムはタクシーなど一部の車両を除きほぼ見なくなりました。

MTのコラムシフトはレバーの遊びが大きく、ギアが切り替わる時のダイレクトな操作感に欠けていました。

また、運転中にギアポジションを目で確認しやすいフロントシフトに比べ
1と3速、2と4速といった隣り合うギアの確認がしづらく、
スポーツモデルなどで多段化が進むと淘汰されるようになりました。

そして、1990年代以降、多くのミニバンや商用車で採用されていました。

理由はステアリングの近くにあるため操作性に優れ、
運転席と助手席の間に空間を確保でき、足元を広く取ることができるためです。

これにより車内での移動が楽になり、
ミニバンなどでも好んで採用されていました。

それに対してATのコラムシフトは様々なメリットがあることから主流というほどではありませんが
比較的多くの車種にも採用されています。

最初はトヨタ エスティマ、ホンダ オデッセイ、マツダ MPVなどのSUVに採用。

90年代後半には軽自動車へも普及し、スズキ ワゴンR、MRワゴン、ラパン、
ダイハツ ムーブ、ミゼット Ⅱ、ホンダ ザッツ、ライフ、日産 モコ、三菱 eKワゴンなどが採用していました。

続きは次ページでご覧ください♪

 

> 続きを読む 

-豆知識

執筆者:

関連記事

車に表示するマークの意味!意外と知らない人が多いと話題に!

車に表示するマークの意味… 意外と知らない人が多いと話題に…

ネジが右回りの理由…身近なものだけど意外と知らないと話題に!

ネジが右回りの理由… 身近なものだけど意外と知らないと話題に…

あなたはいくつ知ってますか?90%以上が知らない日常生活で得する神業15選!

今回は、あの「伊藤家の食卓」で放送されていた、日常生活で役に立つ15個の神業をご紹介します!

世界を女性だけの国・男性だけの国に分けたらどうなる?予想外すぎる展開が話題に!

世界を女性だけの国・男性だけの国に分けたらどうなる? 予想外すぎる展開が話題に…

新車にスペアタイヤを搭載しなくなった理由!その背景には意外な理由があった!

JAFの出動理由で毎年上位となるタイヤのパンク。 今から20年前、ほとんどの国産車はスペアタイヤの搭載は当たり前でジャッキやスパナーなど色々な応急処置用の道具を積んでいまた。 しかし、最近の新車ではス …