驚き

写真で白く光る眼に隠された病気!危険な病気のサインかも!

投稿日:

白く光る眼に隠された病気

オーウェンさんは、ジャクソン君を地元の病院に連れて行き、
目の検査をしたところ発覚したのが…
ジャクソン君は「網膜芽細胞腫」という目のガンの一種だったのです。

撮影して気づいてから1カ月も経たないうちに
ジャクソン君は、すぐさま化学療法を受けることになったそうです。

この若さでガンの治療を受けるなんて相当辛かったと思います。

また、この病院の担当医によれば、そんな治療を受けた後でも、
ジャクソン君の腫瘍は3分の1の大きさになったものの、
一生消えることのない腫瘍で一生定期的に観察しないといけないんだそうです。

同様に写真で目の病気が発覚したケース

今回のように写真に写る目の異変がきっかけで
病気が発覚したケースがあります。

それがこちらの写真。

左目が金色に光って見えますね。

この異変に気付き病院で検査をしたところ、
写真に写るライリーちゃんの病名は「コーツ病」と発覚しました。

コーツ病とは毛細血管が拡張したり蛇行したりして病変を起こし、
血液から大量の志望物質や水分が漏れでてしまう病気です。

オーウェンさんは今回のジャクソン君の病気が写真から発覚したことを受け、
より多くの人にこの病気のことを知ってほしいという想いを伝えています。

もし写真の異変に気付いていなかったら…
もし写真をそもそも撮っていなかったら…

病気の発覚が遅くなり、
手遅れになっていた可能性も多いにあります。

このように思わぬところから病気が発覚したケースがあれば、
できるだけ多くの人に知らせて少しでも手遅れの状況をなくしたいですね。

 

参照元:http://kwsklife.com/whiteye-disease/

 

 

> 前のページへ 

-驚き

執筆者:

関連記事

日本で一番危険なスラム街・西成あいりん地区の実態!闇が深すぎる場所だった!

untitled 日本で一番危険なスラム街・西成あいりん地区の実態… 闇が深すぎる場所だった…

恐竜!?直径1メートルの巨大な卵が発見された⇒結果とんでもないモノだったことが判明!

\News BFC に『いいね』お願いします/ アルゼンチンで直径1メートルの巨大な卵のようなモノが発見される。 しかし、実はとんでもないモノだったようです! 直径1メートルの巨大な卵が発見される ア …

柏市連続通り魔殺傷事件の犯人・竹井聖寿の現在!常軌を逸した行動に言葉が出ない!

柏市連続通り魔殺傷事件の犯人・竹井聖寿の現在… 常軌を逸した行動に言葉が出ない…

月曜から夜ふかしに批判殺到!一般人の家庭を崩壊寸前まで追い込んでしまう!

月曜から夜ふかしに批判殺到… 一般人の家庭を崩壊寸前まで追い込んでしまう…

実際に存在したルーマニアの奴隷村!実在するとは信じられないほど鬼畜だった!

実際に存在したルーマニアの奴隷村… 実在するとは信じられないほど鬼畜だった…