驚き

かつて神童と呼ばれたマッドサイエンティストの男!彼の行っていた実験に鳥肌が止まらない!

投稿日:

かつて神童と呼ばれたマッドサイエンティストの男…
彼の行っていた実験に鳥肌が止まらない…

天才は一歩踏み間違えると危険…

かつて神童とまで呼ばれた男がマッドサイエンティストになって行っていた
狂気に溢れた実験について紹介します。

神童と呼ばれたマッドサイエンティストの男

神童と呼ばれたロバート・E・コーニッシュ博士は
18歳で米カリフォルニア大学バークレー校を卒業、
20歳で博士号を取得した、かつて神童と呼ばれた人物。

彼は1930年代に臨床死した犬を蘇生させる実験を行った人物として知られています。

しかし、彼は人間に対しても同様の実験を試したいと望んでいました。

そして、ある死刑囚が志願してきたため、
カリフォルニア州に蘇生実験の許可を求めて掛け合ったのです。

コーニッシュ博士の犬を実験台としたその内容を聞けば、
愛犬家は思わずすくみ上がるでしょう。

犬を窒息させて臨床死させ、その屍体をシーソーの上に置き、
このシーソーは血流を保つために繰り返し揺らされています。

博士は1934年と35年に臨床死した犬の蘇生に2回成功させたと博士は報告してています。

さらに35年には処刑された死刑囚の蘇生を試したい旨の発表をしました。

これに対してカリフォルニア州にある
サン・クエンティン州立刑務所に収監されていたトーマス・マクモニグルが名乗り出ました。

トーマス・マクモニグルという一人の怪物

死刑囚トーマス・H・マクモニグル(右)
ロバート・コーニッシュ博士(左)

マクモニグルは本物の怪物だったのかもしれません。

彼は当時14歳のソラ・チェンバレンを誘拐し、殺害したのです(少女の遺体はいまだに発見されていない)。

また、別の殺人についても自白したと言われています。

1947年、コーニッシュ博士はカリフォルニア州更正課に赴き、
この囚人がガス室送りになった後、蘇生実験を実施させて欲しいと自ら請願しました。

当時、サン・クエンティンの刑務所長であったクリントン・ダフィーは
処刑後にガス室の換気が済むまで30分かかるうえ、
安全のために遺体は最低1時間はガス室に放置されることを理由に
コーニッシュ博士の要請を却下しました。

しかし、これで引き下がる博士ではありませんでした。

彼はダフィーの決定を控訴し、自らの理論を証明するために
サン・クエンティン刑務所のものを模したガス室で羊を殺し、
これの蘇生にも成功していると述べました。

それでも、ダフィーの決定が覆ることはなく、カリフォルニアの裁判所も同様でした。

1948年2月20日、マクモニグルは蘇生の望みを断たれたまま、
ガス室へと足を踏み入れました。

続きは次ページでご覧ください♪

 

> 続きを読む 

-驚き

執筆者:

関連記事

何度も殴られたせいで顔が変形した犬!翌日に安楽死を控えていたが!

何度も殴られたせいで顔が変形した犬… 翌日に安楽死を控えていたが…

「油と小麦粉をやめたら減った3つのもの」という投稿が話題に!最後の1つに思わずゾッとする!

「油と小麦粉をやめたら減った3つのもの」という投稿が話題に…最後の1つに思わずゾッとする…

『ニートだけど暇すぎてアヒルを一日中ストーカーしてもうた』癒やされる画像13枚!

ニートだけど暇すぎてアヒルを一日中ストーカーしてたらもうこんな時間www追いかけて撮ってきたアヒルの写真13枚を見ると癒やされる…。

新宿歌舞伎町ディスコナンパ殺人事件!昔の未解決事件が不気味すぎる!

新宿歌舞伎町ディスコナンパ殺人事件は1982年6月6日白昼に 千葉県千葉市横戸町で二人の女子中学生が何者かに殺傷された事件です。 犯人が逮捕されないまま公訴時効を迎えました。 今回はそんな新宿歌舞伎町 …

6歳で筋肉ムキムキだった少年の現在がヤバイ⇒「リトル・ヘラクレス」がどうしてこうなった・・・

\News BFC に『いいね』お願いします/ 若干6歳でムキムキマッチョだった少年の現在をご紹介します! テレビでも話題になったマッチョな少年 海外のニュースで取り上げられたことで一躍有名になったマ …