いい話

タイタニック沈没時、夫と共に死を迎えるため救命ボートに乗るのを拒んだ妻の深い愛!

投稿日:

タイタニック沈没時、夫と共に死を迎えるため…
救命ボートに乗るのを拒んだ妻の深い愛…

 

ジェームス・キャメロン監督作の映画で芸術家の若者であるジャックと
資産家の娘であるローズの淡く切ない恋を描いたタイタニック。

とても話題となったことから、
多くの人が一度は観たことがあるのではないでしょうか?

タイタニックの映画の中では
主人公の2人以外にもフォーカスがあてられています。

1912年4月の処女航海で沈没した豪華客船タイタニック号に乗っていたがために
悲運の最期を遂げた他の大勢の人々の物語…

中でも多くの方の記憶に残る名シーンがあります。

それは映画の後半部分でタイタニック号が氷のように冷たい
北大西洋の海に沈んでいくシーンの一幕。

「年老いた夫婦がベットの上で抱きしめあって死を待つ」シーン…

この二人で死を待つ老夫婦は一体誰だったのでしょうか?
なぜ救命ボートに乗ろうとしなかったのでしょうか?

タイタニックの未公開シーンを見たことがある方は
この夫婦の名前が「アイダ」と「イシドア」だという事を知っているかもしれません。

実はこの夫婦は実在する人物をモデルにしたキャラクターなんです。

深い愛で繋がった夫婦の物語は
映画の主人公であるジャックとローズの愛にひけをとらない美しく、悲しい物語でした。

 

 

深い愛で繋がった夫婦

イシドア・ストラウスとアイダ・ストラウスはドイツ出身の夫婦ですが、夫妻ともに幼少の頃に家族とアメリカへ移住しました。

結婚当時、26歳だったイシドアは
弟と共に家族が経営するデパートで働いていました。

ドイツ南西部の街であるヴォルムスで
アイダ・ストラウス(旧姓・ブルーン)は生まれ、
1871年に当時22歳の若さでイシドアと結ばれました。

その後、夫妻は子供に恵まれ、幸せな結婚生活を送っていました。

とても仲睦まじくおしどり夫婦と呼ばれていたアイダとイシドア。

イシドアが出張の時、再び再会する日まで
毎日一通の手紙のやり取りを欠かさずにしていたそうです。

1911年、この年に結婚40年周年を迎えたイシドアとアイダは
ドイツにいる親族を訪ねるために冬のヨーロッパを巡る旅に出ました。

数ヶ月間の滞在を楽しんだのち…

夫妻はアメリカに帰国する予定でしたが、
たまたま起きた炭鉱労働者のストライキによって夫婦の運命の歯車が狂い始めたのです。

ストライキが原因の石炭不足により、
ヨーロッパとアメリカ東海岸を結ぶ多くの船舶に燃料である石炭が十分に供給されず、
客船の多くが出港できない事態に陥ってしまったのです。

その時に残っていた貴重な石炭は
当時世界最大の豪華客船「タイタニック」へ優先的に充てられました。

当時、最大の贅を尽くし建造された最新鋭の豪華客船であるタイタニック号の処女航海には
投資家・富裕層・一般大衆の間でも注目の的でした。

この時に、アメリカで著名な実業家であったイシドアは
難なく上流・ブルジョワ階級優先の一等船客を予約できました。

続きは次ページでご覧ください♪

 

> 続きを読む 

-いい話

執筆者:

関連記事

在庫切れにキレたのか棚を蹴り商品を吹っ飛ばして出て行ったお客さん!店員さんに声をかけると!

在庫切れにキレたのか棚を蹴り商品を吹っ飛ばして出て行ったお客さん…店員さんに声をかけると…

井上尚弥「強かった」ドネアと2度も抱擁した敬意!

井上尚弥「強かった」ドネアと2度も抱擁した敬意!

ボランティアで地域の方々が行ってくれている児童の見守り活動!卒業式の前日の出来事に胸が熱くなる!

ボランティアで地域の方々が行ってくれている児童の見守り活動…卒業式の前日の出来事に胸が熱くなる…

BOSSの人気CMシリーズ、この14年間で放送されたCMを再編集し、制作された新しいCMが感動すると話題に!

BOSSの人気CMシリーズ、この14年間で放送されたCMを再編集し、制作された新しいCMが感動すると話題に…

奈良にあるとんかつ屋さんではお店の外にこんな張り紙が!事情のある人に向け無料食堂を行っている!

奈良にあるとんかつ屋さんではお店の外にこんな張り紙が…事情のある人に向け無料食堂を行っている…