豆知識

昭和の車には当たり前だったフェンダーミラーが消えた理由!ミラーの進化が話題に!

投稿日:

昭和の車には当たり前だったフェンダーミラーが消えた理由…
ミラーの進化が話題に…

 

フェンダーミラーとは車のボンネットの
フェンダー(タイヤの上あたり)についているサイドミラーのことです。

昔の車のサイドミラーは全てフェンダーミラーで極々当たり前の装備でした。

しかし、現在ではタクシーなどのごく一部に採用されているだけになっています。

なぜ、フェンダーミラーは絶滅してしまったのでしょうか?
そこには意外な理由がありました。

今回はそんなフェンダーミラーが消えた理由を紹介します。

フェンダーミラーが消えた理由

結論から言うと海外からの圧力と機能性よりもデザイン性が優先されたからという事になります。

そもそもフェンダーミラーのメリットは死角が少ない事と
後方を確認の際、ドアミラーよりも目線の移動が少ない事にあります。

そのため、安全面ではドアミラーよりもフェンダーミラーの方が優れていると
日本では考えられていたのですね。

ですから当時は道路運送車両法によってボンネットがある車は
サイドミラーをフロントフェンダーに付けることが義務付けられていました。

つまり今では当たり前となったドアミラーは当時、法令上禁止だったわけです。

しかし、1980年代になると
アメリカやヨーロッパの車はサイドミラーがドアにあるため、
日本へ輸出する際、フェンダーミラーをわざわざ装備しなければならないという問題が発生します。

海外メーカーが日本へ参入するにあたり、大きな障壁となっていたわけです。

海外メーカーから
「後方を確認するという目的を果たすのだから認めて欲しい」
という強い要望という名の圧力で日本でも認めざるを得ない状況となり、
1983年に道路運送車両法が改正され、ドアミラーが解禁されました。

ドアミラーはファッション性に優れていたこともあり、
当時のアメリカ文化に憧れる若者を中心に流行しました。

その後、国産車はほぼ全車でドアミラーが採用されるようになり、
フェンダーミラーは現在絶滅寸前となっているのです。

続きは次ページでご覧ください♪

 

> 続きを読む 

-豆知識

執筆者:

関連記事

「火垂るの墓」の節子の死の真相!死因は栄養失調じゃなかった!?

1988年から映画公開された「火垂るの墓」は 戦争の悲惨さを市民目線で描いた作品として大きな話題になりました。 今回はそんな「火垂るの墓」の節子の死の真相を紹介します。

洗濯してもとれない生乾き臭の対処法!こうすれば臭いは消えると話題に!

洗濯してもとれない生乾き臭の対処法…こうすれば臭いは消えると話題に…

高速道路の真ん中車線の幅が広い理由!安全に走行できるように配慮されていた!

高速道路の真ん中車線の幅が広い理由… 安全に走行できるように配慮されていた…

警察の職務質問マニュアル本!嘘をついて有利な状況にもっていくテクニックが掲載される!

警察の職務質問マニュアル本…嘘をついて有利な状況にもっていくテクニックが掲載される…

新たに判明した人が死んだ後の意識!心肺停止後も脳は機能し、自分が死んだことを知る!

新たに判明した人が死んだ後の意識… 心肺停止後も脳は機能し、自分が死んだことを知る…