豆知識

リモコンにアルカリ電池を使ってはいけない理由!意外と知らない電池事情が話題に!

投稿日:

リモコンにアルカリ電池を使ってはいけない理由…
意外と知らない電池事情が話題に…

 

久しぶりにエアコンを稼動させようと思って、
リモコンを操作してみると動きません。

「あれ電池切れ?」と思って電池を確認してみると液漏れをしていたり、
白い粉が付着していたりするような経験はないでしょうか。

最悪の場合、リモコンが壊れていることだってあります。

だいたいの家電製品では電池ケースは密閉されていませんので、
液漏れをすると基板に流れ落ち、
電気回路がショートして壊れることがあります。

今回はリモコンにアルカリ電池を使ってはいけない理由を紹介します。

液漏れの発生原因

乾電池というのは化学反応で電気を発生させているのですが、
使用中も使用していない放置期間でも化学反応が起きています。

これにより電池内部ではほぼ常にガスが発生していると考えられます。

一流メーカーでは電池内部で発生したガスを吸収するための構造を設けたりしている乾電池も存在します。

しかし、異常に発生したガスが、電池内部の圧力を上昇させ、
電池が破裂するような危険な状態を回避するため、
安全にガスを抜く機構があります。

この安全機構が作動したとき、
ガスと同時に電解液が一緒に放出されることがあります。

今の技術力では未使用の乾電池に関しては
高確率で液漏れが発生することはなくなりましたが、
使用中であればこの機構は変わりませんので
液漏れのリスクは考えておかなければいけません。

リモコンにアルカリ電池を使ってはいけない理由

アルカリ乾電池とマンガン乾電池はサイズも電圧も完全に一致しているため、
どちらを使用しても問題ないように見えますが、
実は使い分けが必要です。

機器には「必ずアルカリ乾電池を使用ください」などの案内がある場合はわかりやすいのですが、
なにも案内がない機器だってあります。

マンガン乾電池の最大の特徴は、
「しばらく休ませると出力が少し回復する」特徴があります。

容量はアルカリ乾電池よりも劣るのですが、
この特徴を生かせる家電製品に使うとアルカリ乾電池より安全に長く使用することができます。

例えばリモコンや時計などそんなに大きな出力を必要としなく、
比較的長く使うものに向いています。

あと、非常用の懐中電灯ならマンガン乾電池の方が良いでしょう。

液漏れに関しても特性に合った乾電池を使用していると確立はかなり低くなります。

アルカリ乾電池の最大の特徴は電流の流れやすい電解液を使用しているため、
大きな電流を取り出すことができることにあります。

例えば、ラジコンの本体側の駆動モーター用なら
絶対にアルカリ乾電池でしょう。

あと、普段から頻繁に使う懐中電灯なら、
アルカリ乾電池が良いでしょう。

要するにアルカリ電池は電流が流れやすいため、
液漏れのリスクがあります。

そのため、リモコンなどには大きな電流は必要ないので
微弱電流のマンガン電池が適しているのです。

続きは次ページでご覧ください♪

 

> 続きを読む 

-豆知識

執筆者:

関連記事

AT車で絶対にしてはならない7つのこと!あまり知られていないと話題に!

AT車で絶対にしてはならない7つのこと…あまり知られていないと話題に…

ビールが劇的に美味くなるレシピ!ビール会社が推奨する激ウマな飲み方が話題に!

ビールが劇的に美味くなるレシピ… ビール会社が推奨する激ウマな飲み方が話題に…

タンポン型レイプ防止器具!実際に強姦魔の性器を引き裂く!

タンポン型レイプ防止器具… 実際に強姦魔の性器を引き裂く…

江戸時代の絵画(浮世絵)に謎の物体!その真相が話題に!

江戸時代の絵画(浮世絵)に謎の物体…その真相が話題に…

映画「ボヘミアン・ラプソディ」のライブエイドシーン!実際の撮影風景がシュールだった!

映画「ボヘミアン・ラプソディ」のライブエイドシーン… 実際の撮影風景がシュールだった…