驚き

明治時代に実在した4人の超能力者!リングの貞子や貞子の母のモデルが話題に!

投稿日:

明治時代に実在した3人の超能力者…
リングの貞子や貞子の母のモデルが話題に…

 

リングの貞子や貞子の母のモデル

リングに登場する山村貞子は
この世に恨みを抱いて亡くなった超能力者で
その怨念がビデオに念写されて見たものを呪い殺すという設定でした。

貞子の母・志津子は透視や念写の能力をもつ超能力者、
貞子の父・伊熊平八郎は志津子の能力の研究をスキャンダル視されて
大学を追放された人物として描かれています。

今回は貞子や貞子の両親のモデルになった人物を紹介します。

1.福来友吉博士

貞子の父・伊熊平八郎は明治時代に千里眼と呼ばれる
超能力者たちの研究に取り組んだ東京帝国大学の助教授だった
福来友吉博士といわれています。

この研究での公開実験や真偽論争などの一連の騒動は
「千里眼事件」と呼ばれています。

2.御船千鶴子

明治19年、熊本県で生まれた御船千鶴子は
日本で初めて科学的に調査されることになった超能力者です。

御船千鶴子は17歳の時、義兄に催眠術をかけられて
誘導されたのをきっかけに22歳で本格的に透視を始めました。

千鶴子は姉夫婦の治療院で透視を用いた治療を行うようになっていきましたが、
福来友吉博士との出会いが彼女の人生を大きく狂わせることになったのです。

明治43年、御船千鶴子は福来友吉博士を紹介され、
数々の透視実験を行って成功させていきました。

しかし、同年9月に東京帝国大学の元総長だった山川健次郎氏立会いのもと、
東京で行われた実験では文字の透視を成功させたものの、
それは山川氏が用意したものではなく、
福来友吉博士が千鶴子に練習用として与えたものであることが発覚したのです。

御船千鶴子は明治44年1月18日、服毒自殺で亡くなりました。

一般的には世間からのバッシングに耐えられずに自殺したとされていますが、
地元では父親との金銭的なトラブルだったとみられているようです。

続きは次ページでご覧ください♪

 

> 続きを読む 

-驚き

執筆者:

関連記事

新型コロナウイルスに感染した医師の体験レポート!医師向けのサイトだが、生々しいと話題に!

新型コロナウイルスに感染した医師の体験レポート…医師向けのサイトだが、生々しいと話題に…

未だ解明されていない世界で謎の恐怖写真14選!あなたはいつく信じられますか?

未だ解明されていない世界で謎の恐怖写真14選… あなたはいつく信じられますか?

クロックスを履いてエスカレーターに乗るのは危険!特に子持ちの人には見て欲しい動画だと話題に!

クロックスを履いてエスカレーターに乗るのは危険… 特に子持ちの人には見て欲しい動画だと話題に…

メキシコにある世界一危険な道路!こんな道走りたくないと話題に!

メキシコにある世界一危険な道路…こんな道走りたくないと話題に…

アスベストを運搬させる求人…無知な高校生を狙う求人が恐ろしい!

アスベストを運搬させる求人… 無知な高校生を狙う求人が恐ろしい…