体験談

世界で最も醜い女性と言われた女性!彼女の悲劇的でありながら興味深い人生が話題に!

投稿日:

世界で最も醜い女性と言われた女性…
彼女の悲劇的でありながら興味深い人生が話題に…

 

国や文化、社会などが異なると「美しさの基準」や
「醜さの基準」というものが変わってきますよ。

また、たとえ同じ文化であったとしても世代が変わることによって、
美の価値観というものは変化していきます。

現在では一般的な美の価値観を多くの人が持っており、
内面の美しさよりも外見の美しさに目がいってしまう人がたくさんいます。

もちろんよくその人を知っていくことによって、
内面の美しさに気付かされるなんてこともあります。

今回は世界で最も醜い女性と言われた
マリー・アン・ベイヴァンという女性について紹介します。

世界で最も醜い女性と言われた女性

1874年12月20日にロンドンでマリーは誕生しました。

マリーは若いころに看護師として働いており、
29歳で花屋を経営する男性、トマス・ベイヴァンと結婚をしました。

そんな時、マリーは「ある病気」を発症してしまいます。

この病気によってマリーの人生は大きく変化していくことになったのです。

さらに1914年に夫のトマスが死んでしまいます。

マリーは女手一つで4人のこどもを育てなければならなくなりました。

そんなマリーが苦しめられた病気というのが
マリーを苦しめていた病気とは「先端巨大症」というものでした。

この病気は脳から成長ホルモンが『過剰分泌』される状態です。

ホルモンの過剰分泌のせいで体の中の特定の部位、
中でも手足が巨大化していきます。

マリーがその症状に気付いたのは彼女が32歳になったころでした。

激しい頭痛、筋肉痛とともに体の部位が奇形化していったのです。

ただ、こんな恐ろしい症状に悩まされながらも、
マリーは休むことなく働き続けます。

4人の子どもたちを食べさせるために必死に働いていたのです。

必死に働くマリーですが、
それでも家計は苦しくなり困窮していきました。

マリーは悩み抜き、
家族の為に『自分の尊厳』を捨てることを決意します。

尊厳を捨てて、マリーが選んだ道は
不細工な女性コンテストに応募をすることでした。

そしてマリーはそのコンテストで優勝してしまいました。
そこから彼女は世界で最も醜い女性と認知されるようになりました。

続きは次ページでご覧ください♪

 

> 続きを読む 

-体験談

執筆者:

関連記事

煽り運転する運転者は点数関係なく最長180日免停!どんどん取り締まってほしい!

煽り運転する運転者は点数関係なく最長180日免停… どんどん取り締まってほしい!

17歳の少女がiphone8のために初夜を売った!彼女のエグすぎる結末とは!

17歳の少女がiphone8のために初夜を売った… 彼女のエグすぎる結末とは…

線路上で負傷したメス犬をそばで見守るオス犬!列車が近づいても逃げ出すことはなかった!

線路上で負傷したメス犬をそばで見守るオス犬… 列車が近づいても逃げ出すことはなかった…

公園で弁当を食べていたら、ママ軍団がこっちを指差して『1人で弁当食ってる~友達いないんだろうねwゲラゲラ』⇨すごく腹がたったので…。

公園で弁当を食べていたら、ママ軍団がこっちを指差して、 『1人で弁当食ってる~友達いないんだろうねwゲラゲラ』⇨すごく腹がたったので…。

離婚前夜に夫のパソコンを見てしまった!するとそこには私が離婚を決意した時期「妻 H26.2.10~」とタイトルが付いた意味深なファイルが!

離婚前夜に夫のパソコンを見てしまった… するとそこには私が離婚を決意した時期、 「妻 H26.2.10~」とタイトルが付いた意味深なファイルが…