体験談

ダウン症で生まれた彼女を人々は避け続けた!しかし18歳になった彼女は世界中に衝撃を与える!

投稿日:

ダウン症で生まれた彼女を人々は避け続けた…
しかし18歳になった彼女は世界中に衝撃を与える…

 

ダウン症で生まれた彼女を人々は避け続けた

女性は妊娠すると赤ちゃんが無事に生まれてきてくれるかという不安や
今後の生活などいろんな心配事があるものです。

生まれる前の障害を持っているかどうかがわかる新型出生前診断(NIPT)は
2018年3月から一般診療として開始されたため、
それ以前は自分の赤ちゃんが障害を持っているかは
生まれてくるまでわかりませんでした。

マデリン・スチュアートさんは1996年11月13日にオーストラリアで生まれました。

母親のロザンヌさんにとってこの上ない喜びの日となるはずでしたが、
医師から宣告されたのはダウン症。

ロザンヌさんは医師から娘がダウン症で
成長しても9歳か10歳くらいまでの知能しかもてないだろうという
残酷な宣告を受けたのです。

出産のストレスと娘が障害を持っていると知ったストレスで
不安と恐怖に襲われたロザンヌさんでしたが‥
1日中考えた結果、ロザンヌさんがたどり着いたのは
「きっと最後にはなんとかなる」という思いでした。

そしてロザンヌさんは娘が幸せな人生を歩めるよう、
できる限りの愛情を注ぎました。

しかし、娘のマデリンさんへは生後8ヶ月の心臓手術で
医師からは助かる見込みは13%しかないと宣告されました。

医師は成功する可能性は低いと感じていましたが、
母親のロザンヌさんは「娘は大丈夫」と思ってました。

結果、手術は無事に成功しました。ですが、
これは最初の試練に過ぎなかったのです。

ロザンヌさんはマデリンさんを連れて、公園に行きました。

すると、いつのまにか周りで遊んでいた親子が
蜘蛛の子を散らしたかのようにいなくなるのです。

どうしてみんながいなくなるのか不思議そうに尋ねるマデリンさんに
「きっとみんなこれからランチなのよ」と答えていたロザンヌさん。

ロザンヌさんは人々が自分たちを避けていることに気づいていました。

心の中で思ったのは「世界中の人々の偏見をどうにかして変えたい」ということでした。

しかし当時は、専門医でもダウン症に対して
前向きに捉えていない医師たちもいました。

続きは次ページでご覧ください♪

 

> 続きを読む 

-体験談

執筆者:

関連記事

中学生になる娘に「皿に出した歯磨き粉をチューブに戻してみて…」母親が問いかけた真意にハッとさせられる!

中学生になる娘に「皿に出した歯磨き粉をチューブに戻してみて…」 母親が問いかけた真意にハッとさせられる…

被害者の遺族からも「死刑をやめて」と言われる愛される死刑囚の素顔!

被害者の遺族からも「死刑をやめて」と言われる 愛される死刑囚の素顔…

俺「出張だから母(精神病)の世話頼むな」嫁『2人にしないで!怖いの!(泣』俺「甘えるな!」→出張から戻ったら嫁が!

俺「出張だから母(精神病)の世話頼むな」 嫁『2人にしないで!怖いの!(泣』 俺「甘えるな!」→出張から戻ったら嫁が・・・

興味のない男性に好きな食べ物を聞かれた時の正しい回答!女子って怖いと話題に!

興味のない男性に好きな食べ物を聞かれた時の正しい回答… 女子って怖いと話題に…

「初デートでサイゼリヤ」はアリ?ナシ?その論争に対する女性側からの反論!

「初デートでサイゼリヤ」はアリ?ナシ?その論争に対する女性側からの反論…