豆知識

アクセルとブレーキの踏み間違え事故の原因!AT車の左足ブレーキは是か非か?

投稿日:

アクセルとブレーキの踏み間違え事故の原因…AT車の左足ブレーキは是か非か?

 

基本的にアクセル・ブレーキ共に右足で操作するように指導されます。

しかし近年、アクセルは右足、ブレーキは左足で運転する方が増えているそうです。

なぜ教習所で習わない左足ブレーキが行われているのでしょうか?
そこで今回はAT車の左足ブレーキは是か非か?を紹介します。

1.法律上の問題は?

左足ブレーキが危険であると考える方にはこれが法律上合法であるかどうかが気になるところだと思います。

実は道路交通法にはこの左足ブレーキについて規定がありません。

ですので左足ブレーキは交通違反に問われることはなく
法律上は全く問題ないのです。

2.実は左足ブレーキが正解!?

AT車とMT車のブレーキペダルの大きさが違うことをご存知でしょうか?

見比べると一目瞭然、AT車のブレーキペダルはかなり大きなものになっています。

これは国産車、外車どれもほぼ同じ傾向のようです。
なぜAT車はブレーキペダルが大きいのでしょうか?

これはAT車の歴史に関係しているようです。

自動車の文化、技術の発達はアメリカ車が牽引したといっても過言ではありません。

特にAT車の普及はアメ車が発祥となっています。

長距離を移動する頻度が高いため、
イージードライブが元々のコンセプトになっています。

そのため、左足で扱いやすいようにブレーキペダルを大型化させたとも言われています。

このようなAT車の歴史の背景を辿ると実は左足ブレーキが正解と言えるのかもしれません。

 

 

3.踏み間違え事故の原因とは?

最近、よくアクセルとブレーキの踏み間違いで、
コンビニや人に突っ込むというニュースを見ることがあります。

この踏み間違え事故の原因はクリープ現象が関係しているという説もあるようです。

クリープ現象とはAT車はアイドリング状態でシフトがP、N以外に入っていれば、
アクセルを踏まなくても車がゆっくりと動き出す現象のこと。

右足の爪先をアクセルまたはブレーキペダルの上で浮かせた状態で車が予想外に動き出した場合、
すぐにブレーキを踏もうとするわけですが、
この時に自分の右足がブレーキ、アクセルのどちらのペダルの上にあるのか
咄嗟に判断ができない場合があるようです。

つまり、右足をブレーキの上に置いていたつもりが実はアクセルの上にあり、
その為、ブレーキと思ってアクセルを目一杯踏み込んでしまった…。

これが多くの踏み間違い事故の原因であるというわけです。

続きは次ページでご覧ください♪

 

> 続きを読む 

-豆知識

執筆者:

関連記事

美味しいものを食べて心身ともに安らぎを!ネットで話題のやみつきレシピ8選!

美味しいものを食べて心身ともに安らぎを…ネットで話題のやみつきレシピ8選…

使いきったコーヒーのかすを使った虫除け方法!これで蚊取り線香いらずだと話題に!

使いきったコーヒーのかすを使った虫除け方法… これで蚊取り線香いらずだと話題に…

江戸時代の平均寿命がとてつもなく短い理由!その意外な理由が話題に!

江戸時代の平均寿命がとてつもなく短い理由… その意外な理由が話題に…

育児のイライラをなくす19の裏ワザ!慌ただしい育児生活に役立つものばかりだった!

育児のイライラをなくす19の裏ワザ… 慌ただしい育児生活に役立つものばかりだった…

靴の嫌な臭いを消す裏技!これは覚えておきたいと話題に!

靴の嫌な臭いを消す裏技…これは覚えておきたい!と話題に…