驚き

慰安オランウータンの現在!人間用売春猿(300円)の末路!

投稿日:

慰安オランウータンの現在…人間用売春猿(300円)の末路…

 

世界では、私たちからすれば信じられないような出来事が行われています。

今回は人間を相手に売春させられていた慰安オラウータンについて紹介します。

慰安オラウータンとは

この出来事が発覚したのは2003年でインドネシアのボルネオ島で
メスのオラウータンのポニーがわずか約340円で売春させられていました。

ポニーは幼い頃に密猟者に捕獲されてこの島に連れてこられました。

そのあとは売春させるために2日に1回の頻度で
全身の毛を剃られて化粧や香水を施されました。

ボルネオ島を訪れた人々は人間よりも好んでポニーを選んでいたそうです。

なかなかオラウータンとの行為なんてできないので
人の興味をそそったのかもしれません。

ポニーが救出された時の年齢は6歳か7歳で捕獲された時の年齢は明かされていませんが
数年間は人間の欲のために働かされていました。

足には鎖をつけられて自由を奪われていたポニー。
これは紛れもなく動物虐待です。

有名な獣医師の北澤功さんによると
オラウータンは非常に性欲が強いので人間にその行為を求める場合もあるようです。

しかしポニーの場合は自らの意志ではなく、
人間に利用されてきました。

続きは次ページでご覧ください♪

 

> 続きを読む 

-驚き

執筆者:

関連記事

先生もお手上げ状態!「もう正解でもいいかも!?」子どもたちのセンスある珍解答10選!

\♡『いいね』お願いします♡/ 先生もお手上げ状態!「もう正解でもいいかも!?」。 子どもたちのセンスある珍解答10選をご紹介します! 子どもたちのセンスある珍解答集① あの頃、学校のテストやプリント …

真夜中の空港で発見されたゴースト・パッセンジャー!存在するはずのない乗客の姿にゾッとする!

真夜中の空港で発見されたゴースト・パッセンジャー… 存在するはずのない乗客の姿にゾッとする…

鏡に「お前は誰だ」と問い続けた男の末路!恐ろしすぎる心理学実験だった!

鏡に「お前は誰だ」と問い続けた男の末路… 恐ろしすぎる心理学実験だった…

愛子さま「激やせからの15キロ増」に心配の声!急激なリバウンドでハゲてしまう…。

「激ヤセしすぎ!」と心配されていた愛子さま。 今度は15キロ増でリバウンド… 急激な体重の変化のせいかハゲてしまった衝撃な画像が公開されました…。

2003年以降から製造されていない2千円札!その2千円札が「10万円になる!」と驚きの価値が付いていた!?

今ではあまり見られなくなった2千円札。 その2千円札に「10万円」という価値が付いているとのことですが…。