豆知識

夫婦の営みが無くなると現れる悪影響!身体にとってデメリットばかりだった!

投稿日:

夫婦の営みが無くなると現れる悪影響…
身体にとってデメリットばかりだった…

 

結婚生活も年月が経つとパートナーにドキドキしなくなってきます。

それが安心感とか安定とか言われるものなんでしょうが
夫婦の営みがそもそもめんどくさい…なんて感じてしまうことも。

しかし、夫婦の営みが無くなってしまった場合、
体にとってデメリットばかりなのだとか。

今回は夫婦の営みが無くなると現れる悪影響を紹介します。

デメリットその1:病気にかかりやすくなる!?


週に1、2度ほど営みがある夫婦と
週1回未満という夫婦では免疫グロブリンの高さが違ってくるのだそう。

週に数回営んでいる夫婦は免疫グロブリンが高いのだとか。

免疫グロブリンは免疫力を司る抗体タンパク質のこと。

免疫グロブリンが低くなる=免疫力の低下だそうで
風邪をひきやすかったり感染症やインフルエンザにかかりやすいんだそう。

免疫力UP効果が期待できる対策法はハーブティを飲むことだそうです。

デメリットその2:がんのリスクがUP!?

例えば男性の場合、前立腺癌のリスクがUPするなんてデータもあるんだそうな。

アメリカで発表されたデータによると
1ヶ月で21回以上射精する男性と月に6回前後の射精回数の男性では前立腺癌リスクが22%もの差が!!

女性の場合、パートナーと触れ合う機会が多いことが
乳がん発見に繋がりやすいとのこと。

デメリットその3:ストレスが溜まりやすい

スコットランド・ペイズリー大学のStuart Brody教授曰く

「2週間に1回程度していればストレスを溜め込まない」

夫婦の営みで快感を得るのは体がリラックスするためストレス発散に繋がるだそうです。

夫婦の営みを我慢するのはストレスを溜める原因になるので
したいときにはすべきってことですね。

デメリットその4:夫婦の距離が広がる

夫婦の営みが減ってしまうと
それだけ夫婦間の距離が広がってしまうと言われています。

相手の浮気を疑って見たり不安を抱いたり、
一緒にいても安心できないなどコミュニケーションを失うことで心が不安定になりやすくなるのだそう。

夫婦で腹を割って話し合えるのが一番なのかもしれませんね。

続きは次ページでご覧ください♪

 

> 続きを読む 

-豆知識

執筆者:

関連記事

車のフロントナンバープレートは外して良いのか?あまり知られていない車の雑学が話題に!

車のフロントナンバープレートは外して良いのか? あまり知られていない車の雑学が話題に…

江戸時代の絵画(浮世絵)に謎の物体!その真相が話題に!

江戸時代の絵画(浮世絵)に謎の物体…その真相が話題に…

高輪ゲートウェイ仕様に他の山手線の駅を合わせて改名したら!秀逸なネーミングがツイッターで話題に!

高輪ゲートウェイ仕様に他の山手線の駅を合わせて改名したら… 秀逸なネーミングがツイッターで話題に…

「大人の色気スクール」55歳校長の悩殺テク!最強過ぎるその手口を大公開!

「大人の色気スクール」55歳校長の悩殺テク… 最強過ぎるその手口を大公開…

いつもランチを一人で食べている自閉症の息子!ある日、送られてきた一枚の写真を見て母は涙した!

いつもランチを一人で食べている自閉症の息子… ある日、送られてきた一枚の写真を見て母は涙した…