豆知識

ベネズエラにある世界最高層のおしゃれスラム街!九龍城が思い浮かぶと話題に!

投稿日:

ベネズエラにある世界最高層のおしゃれスラム街…
九龍城が思い浮かぶと話題に…

 

ベネズエラでなんと45階建の高層ビルが
丸ごとスラム街になっている場所があります。

建設途中で放棄された高層ビルが廃墟となり貧しい人々が住んでいるそうです。

今回はおしゃれスラム街と呼ばれる世界最高層のスラム街を紹介します。

世界最高層のおしゃれスラム街

かつてベネズエラの首都カラカスには
1990年に着工したものの金融危機のあおりを受け
1994年に建設途中で放棄された45階建てのオフィス用ビルがありました。

しかし、それは次第に貧しい人々によって占拠され
今でななんと750世帯もが暮らす巨大なスラム街になっているのです。

この45階建てのオフィス用ビルは開発主の名にちなみ
「トーレ・デ・ダビ(デイビッド・タワーの意)」とも呼ばれ、
ベネズエラで3番目の高さのをほこる超高層ビルとなります。

デイビッド・タワーの内部構造

2007年頃から貧困者が不法占拠しはじめ、
約3000人がこのビル内で生活しているそうです。

エレベータはもちろん、ガラスや壁、手すりなどのほか、
電気や水道などの設備も整っていない状態です。

不法占拠した住民たちはたくましくも自分たちで設備を設け、
水道などは地上22階まで通じているという。

駐車場代はもちろんタダ。

さらにビルの中では商売も行われており、
美容室、デイケアセンター、衣料品店などがそろっています。

ベネズエラは世界一危険な国といわれており、
国民の74%が「夜は1人じゃ出歩けない」と感じているほど治安は悪いです。

そんな中、このビルの住民は共益費を支払い、
24時間のセキュリティパトロールを雇っています。

不自由なさそうな生活ぶり。
意外にもベネズエラで一番安全だとか。

続きは次ページでご覧ください♪

 

> 続きを読む 

-豆知識

執筆者:

関連記事

梅酒をアレで割ると新感覚のカクテルに!中毒者続出だと話題に!

梅酒をアレで割ると新感覚のカクテルに! 中毒者続出だと話題に…

汗が出た時、乾いたタオルやハンカチで汗を拭き取っている人!その行為、実は逆効果だった!効果的な方法とは!

汗が出た時、乾いたタオルやハンカチで汗を拭き取っている人…その行為、実は逆効果だった…効果的な方法とは…

室乗務員だけが知っている秘密8選!飛行機は後方が安全?

室乗務員だけが知っている秘密8選… 飛行機は後方が安全?

カレーのココイチのFCシステムが凄い!10店に1店しか潰れない驚異の生存率だった!

カレーのココイチのFCシステムが凄い…10店に1店しか潰れない驚異の生存率だった…

お風呂で「おしっこ」すると大変なことに!そのデメリットの数々が恐ろしい!

お風呂で「おしっこ」すると大変なことに… そのデメリットの数々が恐ろしい…