驚き

知らない間に腎臓がなくなる村!その真相を辿るとそこにはネパールの深すぎる闇があった!

投稿日:

知らない間に腎臓がなくなる村…
その真相を辿るとそこにはネパールの深すぎる闇があった…

 

現在でもネパールには数多くの社会問題が溢れています。

売春、人身売買、HIV感染、ネパールに暮らす人々は常に危険を感じなが暮らしています。

その大きな原因が識字率の低さにあると考えられています。
田舎に暮らす貧しい子供達はまともに勉強することもできず、
両親ともに文字の認識ができないので
騙せれて売られるケースが数多くあります。

そしてそんなネパールで10数年前から新たな闇が問題視されています。

ネパールの深すぎる闇

ネパールのホクシという村はとても貧しい村です。

その為村人らは自分の臓器を売って生活の糧にしています。
臓器ブローカーが定期的にこの村周辺にやってきては
金に困っている村人たちに健康な腎臓を片方売るようけしかけます。

その結果大人の成人のほとんどが腎臓を1つ摘出されており、
この村は「腎臓村」とも呼ばれています。

臓器ブローカーは善良な村人たちに人間は腎臓ひとつでも生きられるとか、
腎臓は切り取っても再生するといったでっちあげ話をして
南インドに連れて行って手術をしてしまいます。

4人の子供の母親であるギータという女性はこうした言葉に騙されて、
たった2000ドル(約24万円)で自分の腎臓を売ってしまったそうです。

女性までもがブローカーの餌食に

ギータは

「彼らは10年間もわたしたちの村に通ってきて
村人に腎臓を売るよう言葉巧みに誘いかけていましたが、
私はいつも断っていたんです。
でも、子供たちが大きくなってもっと頑丈が家が欲しいと思うようになりました。
いつも自分の家と土地が欲しいと思っていたし、子供ももっと欲しかった。
心から欲しかったんです。
だから、ブローカーと義妹と一緒にインドへ行って手術を受けました」

手術そのものはたったの30分で済みましたが、
ギータは3週間も入院するはめになりました。

「目覚めたとき、まだなにもされていないような気がしたのですが、
すでに手術は終わっていました。
それから腎臓代として20万ネパールルピーを支払ってもらって村に帰り、
土地と家を買いました」

不幸なことに、ギータが自分の腎臓を犠牲にして手に入れた家は
ネパールを襲った大地震で倒壊してしまいました。

この災害のせいで多くの村人が家を失い、
悲しみをまぎらわせるためにアルコールにおぼれる結果になってしまったそうです。

そんな状況でも臓器売買だけが繁盛し、
ネパールを腎臓バンク化してしまったのです。

続きは次ページでご覧ください♪

 

> 続きを読む 

-驚き

執筆者:

関連記事

日本の心霊スポットで恐いと噂される場所10選!恐ろしすぎる場所ばかりだった!

日本の心霊スポットで恐いと噂される場所10選… 恐ろしすぎる場所ばかりだった…

怖いもの知らずの牛がライオンに向かった結果!想像を絶する恐ろしい展開に!

1頭のライオンに追われている2頭の牛。 しかし、1頭がライオンに向かっていったが… 恐ろしい展開が待ち受けていた…。 衝撃動画あり!

誘拐を未然に防いだ店員のツイート!恐ろしい世の中だと話題に!

誘拐を未然に防いだ店員のツイート… 恐ろしい世の中だと話題に…

出産時に子宮で起きてることをマンガにした「子宮の中の人たち」が「メッチャ面白い!」と大絶賛される!

\News BFC に『いいね』お願いします/ Twitterで大絶賛されているマンガ「子宮の中の人たち」を知ってますか? メッチャ面白いから読んでみるべし! 出産時の子宮の様子をマンガにした「子宮の …

100年前にベトナムに持ち込まれたギロチン⇒フランス植民地時代の歴史に残る写真がヤバすぎる…

\News BFC に『いいね』お願いします/ 100年前にベトナムに持ち込まれたギロチン。 フランス植民地時代の歴史に残る写真がヤバすぎる… アジア諸国にまで浸透 出典:www.minsai.org …