驚き

史上最も残酷な伯爵夫人!残虐な行為に手を染めた理由が恐ろしい!

投稿日:

史上最も残酷な伯爵夫人…
残虐な行為に手を染めた理由が恐ろしい…

 

あまりにも残酷な犯罪を犯して、
今でもその悪名が歴史的に残されている犯罪者は、数人存在します。

例えば、イギリスの切り裂きジャックや
映画「羊たちの沈黙」でモデルになったテッド・バンディなど。

そして、忘れてはいけない人物が、この女性。
エリザベート・バートリー。

エリザベートは1560年にハンガリーに生まれました。
彼女は成長したのち「血の伯爵夫人」として恐れられる存在に。

なんと何百人もの少女を裸にして、
拷問した上に殺害していたというのです。

史上最も残酷な伯爵夫人

エリザベートは15歳でフィレンツ・ナーダシュディ伯爵の元へ嫁ぎました。

この結婚は政略結婚だったのですが、
これに不満を抱いていたエリザベートは伯爵が1604年にオスマン帝国との戦いで戦死しても
特に悲しむ様子を見せなかったそうです。

伯爵が亡くなったことでエリザベートは
莫大な財産とナーダシュディ城を手にしました。

エリザベートは近隣農村に住む少女たちと城内での仕事を約束しておびき寄せて
その後殺害していたのではないかと言われています。

そしてその行為は領内にとどまらず、
ついには召使いや下級貴族の娘にまで及んだそうです。

城内で行われる残虐な行為は次第に噂になっていき
地元のルター派の牧師による告発をきっかけに
地元住民は城内へなだれ込みました。

そして、エリザベートを拘束したのです。
彼女の残虐さは裁判で次々と明らかになっていきました。

城に仕えていた召使いの証言によると
わかっているだけでも80人近くの少女を拷問して死なせていました。

少女たちは裸にされて拘束された上に棒や鞭で殴られたり、刃物で切り裂かれたり、
つま先や歯茎に針を刺されるといったような拷問を受けていたのです。

さらには性器や指を切断されたり、
雪の中に裸で立たせて冷水を浴びせるといった行為まで‥。

被害者は証言で分かっているだけで80名ほどでしたが、
実は650名ほどの少女が犠牲になったという噂もあります。

続きは次ページでご覧ください♪

 

> 続きを読む 

-驚き

執筆者:

関連記事

死刑囚達が獄中で描いた絵!気持ち悪くてトラウマレベルだった!

死刑囚達が獄中で描いた絵… 気持ち悪くてトラウマレベルだった…

タンポンを股の間に入れた女性モデル…結果!片足を失うことに!

2012年、モデルのローレン・ワッサーは、右足の膝から下を切断することになりました。 その原因となったのは生理用品のタンポン。 今回はあまり知られていないタンポンに潜む危険性を紹介します。

仮病でレントゲンを撮ったら脳から予想外のモノを発見!?医者も青ざめたヤバすぎる理由とは…

\News BFC に『いいね』お願いします/ 仮病を使って小学校を休もうとした投稿者。しかし・・ 病院で渋々検査をしてもらったところ、予想もしなかったものが見つかってしまった… 仮病を使って休んだら …

スーパーのセルフレジで信じられない光景を目撃した。私の目の前で子供連れの母親が…

\News BFC に『いいね』お願いします/ スーパーのセルフレジで支払いをしていると、目の前で子供連れの母親が信じられない行動に出ていたというのです。 最近、徐々に増えているセルフレジ。 少しの買 …

介護職のリアルな現場は過酷なもの!介護へのリスペクトが浸透しないと国は滅ぶ!

介護職のリアルな現場は過酷なもの…介護へのリスペクトが浸透しないと国は滅ぶ…