驚き

実際に存在したルーマニアの奴隷村!実在するとは信じられないほど鬼畜だった!

投稿日:

実際に存在したルーマニアの奴隷村…
実在するとは信じられないほど鬼畜だった…

 

21世紀の現代でルーマニアに奴隷村が存在していたという
驚愕なニュースが話題を呼んでいます。

ルーマニアのブカレスト北170キロに位置するベレボイエシュティという村で
数十名の若者たちが手足を鎖やひもでつながれ、暴行され、
屈辱を与えられ、残飯を食べさせられていたという残虐極まる事件。

警察は大規模な強制捜査を行い、被害者の少年ら5名を保護。
その次の日に容疑者グループ38名を再勾留しました。

現地メディアによると容疑者は90名を超えると言われているローマのグループ。
若い男性だけではなく、障害を持つ女性や子どもも拉致され監禁。
鎖につながれ働くことを余儀なくされていたといいます。

組織犯罪対策部DIICOTの検察官によると
被害者らは「鎖やひもでつながれ、暴行され、屈辱を与えられ」、
食料を十分に与えられず、残飯を食べさせられていた。

また「(被害者は)全裸で放置され、冷水と湯を代わる代わる浴びせられていた。
手足をつながれ、地面に置かれた食料を食べるよう命じられ、
容疑者らを楽しませるために闘い合いを命じられていた」という。

2008年以降、約40名の被害者が教会や公共の場所、
自宅などから拉致されていたといいます。

10代の少年ら5名が鎖でつながれるところを発見

ローマ犯罪グループの容疑者宅で
10代の少年3名と2名の男児が鎖でつながれるところを発見。
ベレボイエシュティの山頂で警察により無事救出。

DIICOTの検察官の調査によると
容疑者グループが肉体的及び精神的に何らかの障害がある若者を
65名保護したといいます。

また、収入源もなく家族や家もない貧しい人たちが
約90名もいることが明らかになりました。

少年たちは森の中で違法の木を伐採することを強制され、
盗難や物乞い、動物の世話までさせられていたようです。

ストリートや自宅から拉致・監禁

検察官の話によると被害者たちは教会や鉄道の駅、
バスステーションなどの公共施設や自宅から拉致したと主張。
その後、犯罪グループのメンバー宅に彼らを導き監禁していました。

彼らに与えられた仕事は森の中で違法の木を伐採、洗濯物を洗う、
庭の掃除、動物の世話など毎日の労働を強制していたといいます。

続きは次ページでご覧ください♪

 

> 続きを読む 

-驚き

執筆者:

関連記事

美しくも恐ろしい自然が起こした凄すぎる写真・風景画像20選!

自然が起こした驚くような風景を、写真で撮影した画像をご紹介します。

メルカリで製薬会社のボールペンが高値で売買される理由!闇が深いと話題に!

メルカリで製薬会社のボールペンが高値で売買される理由… 闇が深いと話題に…

22歳の女教師が小学4年の男子と肉体関係に!誰にもバレずに平然と教師を続け8年後!

ある22歳の女教師が自身の生徒である小学4年生の男子を誘い、行為に及びました。 今回は日本で究極とも言える最悪の事件を紹介します。

トイレに座っている間にスマホをいじると!実はかなり危険だと話題に!

トイレに座っている間にスマホをいじると… 実はかなり危険だと話題に…

『24時間テレビ』みやぞんの激走姿を応援に来た人々の光景に不快感!

日テレ『24時間テレビ』のマラソンランナーみやぞんが痛み止めを打ちながら激走する過酷な現場の沿道側で、集まった野次馬たちが一様にスマホを向ける姿に『それって応援する姿勢って言えるの?』と不快感を覚える …