驚き

深海に生息する奇妙な生き物10選!不気味な生き物ばかりだった!

投稿日:

深海に生息する奇妙な生き物10選…
不気味な生き物ばかりだった…

 

「海」と聞いて何を思い浮かべるでしょうか?

リゾート地や海水浴場を思い浮かべる人もいれば
寿司や刺し身のネタを思い浮かべる人もいるかもしれません。

しかし、70%を占める海洋には
人間が決して人間が食べることができない生物も生息しています。

これらの生物は主に深海に生息している。

深海の生物は太陽の光を浴びることがないので
不気味な様態をしていることが多いです。

今回はそんな深海の生物を紹介します。

1.ヒョウモンダコ

この外観は奇抜としか表現しようがありません。

それでも体は小さく、黄色く変色したサメなんかの牙に比べたら、
それほど脅威を感じないかもしれません。

しかし侮ったら、大変な目に合います。

なぜなら、このタコの唾液には毒が含まれており、
海に生息する有毒生物としてもっとも脅威のある一種だからです。

この毒は「神経毒」と言う種類のものであり、
まさに人間すら死に至らしめる猛毒です。

もしこのタコに噛まれたら1分程で呼吸筋不全をもたらす。
すなわち呼吸ができなくなり、最終的には死に至る結果となるのです。

このタコは通常、岩場の潮だまりやサンゴ礁の近くにたむろしています。

幸いな事にその奇抜な外観のおかげで
たとえこのタコを見かけたとしてもすぐに見分けがつきます。
逃げるが勝ちです。

2.ダイオウイカ

巨大なイカとしてテレビでも紹介されたり、
水族館で標本が展示されていることから
このダイオウイカの存在を知っている人も多いと思います。

このイカは深い深い深海に生息しています。

体の大きさはオスで10メートル、
メスはなんと13メートル程にまで成長するので
そもそも陸に近い浅瀬ではその巨体は収まりません。

この異常なまでに巨大なイカはまさに海の壮大さを象徴する生物であると言えます。

3.ブラック・ドラゴンフィッシュ

名前を直訳すると黒い竜魚(りゅうぎょ)。
まさに名前負けしていない風貌…

この黒い竜魚は実のところ、熱帯海域に生息する
「ホウライエソ」とその外観、生態ともに多くの共通点を持っています。

そして、ホウライエソとやはり同じく、
深さ2千メートルほどにまで達する深海に生息しています。

さらにメスに関して言えば、
夜にニョロニョロと水面に泳ぎ上ってくるところも同じです。

ブラック・ドラゴシュンフィッシュは餌をおびき寄せるために光を発するが、
他の発光生物と異なりその光を自身で見る事もできます。

そのため獲物の捕獲率も非常に高く、
狙われた獲物にとってはまさに脅威の魔物になるでしょう。

4.ラブカ

その顔に長い身体と尾ひれをつけた姿は
文字通り得体のしれない生物といったところですが、一応サメの一種です。

そしてその原始的な外観から「生きた化石」などとも呼ばれているそうです。
このサメは獲物を捕らえる時、背中を曲げ、前面から一気に攻撃します。

まさしく蛇が獲物を捕らえるのと同じく、
その柔軟なアゴを使い、獲物を丸呑みするのです。

さらに針のようにとがった歯は獲物を突き刺し、
一度噛みつかれたら逃れられないのです。

この海に生きる蛇のように恐ろしいサメですが、
その数の少なさから神話上の海ヘビなどとも噂されています。

幸か不幸か、その生殖率の少なさから、
絶滅危惧種に近い品種とみなされているのです。

5.ダイオウグソクムシ

ダイオウクソクムシは大西洋ならびに太平洋の深く冷たい海の底に生息します。

この生物はエビやカニと同類の甲殻類に分類されます。
しかし見た目はどう見ても巨大ゴキブリです。

前長は最大で50センチほど。

ありがたいことにこの生物は深い海の底の住虫です。
突然、カサコソ音をたてながら目の前に現れることはないでしょう。

続きは次ページでご覧ください♪

 

> 続きを読む 

-驚き

執筆者:

関連記事

フグが泳いでいる水槽にサソリ・ムカデ・ザリガニを入れた結果!フグに対する印象がガラリと変わると話題に!

フグが泳いでいる水槽にサソリ・ムカデ・ザリガニを入れた結果… フグに対する印象がガラリと変わると話題に…

コモドオオトカゲVSキングコブラ!壮絶な戦いの貴重映像が話題に!

コモドオオトカゲVSキングコブラ… 壮絶な戦いの貴重映像が話題に…

Twitterで「#本当にあった怖い話」と調べた結果!ガチで怖すぎた!これはトラウマ必至だろ!

Twitterで「#本当にあった怖い話」と調べた結果… 今回は、Twitter「#本当にあった怖い話」の数々を厳選してご紹介します!

捜査員も絶句した埼玉少女監禁事件の真相!少女は二度部屋から脱出したものの!

捜査員も絶句した埼玉少女監禁事件の真相… 少女は二度部屋から脱出したものの…

こんな姿初めて見た!スズメたちのレアな瞬間をとらえた!

【貴重】 スズメや野鳥の写真を撮影している”すずめ四季(@suzumeshiki)さん”がとらえた貴重な瞬間が話題になっています。