驚き

本当にあった怖い医療ミス6選!許されるべき行為ではないと話題に!

投稿日:

本当にあった怖い医療ミス6選…
許されるべき行為ではないと話題に…

 

本当にあった怖い医療ミス

医療が発達した現代では体調が悪い時には
お医者さんを信じて身を委ねることしかできません。

しかし、世の中には間違いなどという言葉では許されないような
信じられない医療ミスが存在するのです。

今回はそんな本当にあった怖い医療ミスを紹介します。

1.正常な方を切除されてしまった

47歳の米国空軍兵士ベンジャミン・ホートンは
左の睾丸の痛みと萎縮を感じていました。

ロサンゼルスの病院で診察を受けた彼には
左の睾丸が癌化する可能性があるという診断が告げられます。

除去を決心したホートンは2007年に診察を受けた病院で手術を受けることに。

しかし、手術までに複数の過失を犯した病院側によって
なんと正常な右の睾丸を取り除かれてしまったのです。

医療ミスを告げられた彼はひどいショックを受け、
これからどうしたらいいのかわからないと混乱します。

妻と共に約2200万円の賠償請求を行なったホートン。

この報道がされた時点では
彼の本来除去される予定であった睾丸はまだ未治療だったそうです。

2.手術部位を間違えた

アメリカのロードアイランド州。

この州の最大の病院では似たような医療ミスを
1年で3回起こすという事態が発生しました。

その内の1件は看護師が気づいていたにも関わらず
外科医に指摘することはなかったそうです。

看護師という立場から医師に意見することを躊躇してしまったのです。

患者は脳出血を起こした女性。

執刀した外科医は手術前に看護師と正しい手術部位を確認したにも関わらず
反対の部位に印をつけ、頭皮を切開しました。

しかし、医師は切開中ミスに気づき、
すぐに縫合して正しい位置の手術を行いました。

手術は成功しましたが患者に不要な傷を残すことになってしまったそうです。

同じ年の2月と8月にも同様の事故が起こり、
いずれも別の医師による執刀だったという。

全ての事故で間違いに気づき、すぐに正しい位置での手術が行われました。

その後の患者の健康状態は皆良好だったそうですが
全く必要のない傷をつけられてしまったことには変わりありません。

3.お腹の中に置き忘れ

腹部に腫瘍を抱えていたドナルド・チャーチは
シアトルにあるワシントンメディカルセンターで切除手術を受けました。

腫瘍は無事取り除く事ができましたがその後、恐ろしい事実が判明します。
手術部位を広げておくための器具がドナルドの体内に置き去りにされていたのです。

器具は33cmもの長さのリトラクターでした。

その後、リトラクターはすぐに除去され、
病院側は約1000万円の賠償金の支払いに応じます。

幸いにもドナルドの健康に長期的な悪影響は及ぼしませんでしたが
このような医療ミスはワシントンメディカルセンターでは初めてではなかったそうです。

1997年〜2000年という短い期間で
メディカルセンターは同様の事故を4件も起こしていたのです。

続きは次ページでご覧ください♪

 

> 続きを読む 

-驚き

執筆者:

関連記事

史上最もイかれた12の拷問方法!どれも残虐すぎる!

史上最もイかれた12の拷問方法… どれも残虐すぎる…

とある探偵の元へやってきた「余命2カ月だから」という理由で急に婚約破棄された依頼主!調査してみると!

とある探偵の元へやってきた「余命2カ月だから」という理由で急に婚約破棄された依頼主…調査してみると…

たった一錠のドラッグが脳に及ぼしたダメージ!16歳の美しい少女の変わり果てた姿が話題に!

たった一錠のドラッグが脳に及ぼしたダメージ… 16歳の美しい少女の変わり果てた姿が話題に…

山で宙吊りのまま死亡した遺体の処理!1960年に放送されたニュースが衝撃的な内容だった!

山で宙吊りのまま死亡した遺体の処理… 1960年に放送されたニュースが衝撃的な内容だった…

ピュアな子供たちの、ツッコミどころ満載に笑いが止まらない!子供たちの爆笑発言15選

\News BFC に『いいね』お願いします/ ▶︎子供怖っ!つぶされる! 公園でドッジボールの特訓してたら小学生4人にドッジ対決をいどまれた。ボコボコにされたあげく「大人はつぶさなきゃ意味がねえ」と …