豆知識

バチカン市国が知られたくない5つの秘密!バチカンの闇を感じると話題に!

投稿日:

バチカン市国が知られたくない5つの秘密…
バチカンの闇を感じると話題に…

 

バチカン市国が知られたくない5つの秘密

世界最小の国・バチカン市国。
ローマ・カトリックの総本山です。

イタリアの観光スポットの1つとしても知られていますが
そんなバチカン市国には信じがたい秘密があります。

今回はそんなバチカン市国が知られたくない5つの秘密を紹介します。

1.秘密のもの?

バチカン市国のサン・ピエトロ大聖堂から歩いて10分。
そこにはサンタンジェロ城があります。

城塞や牢獄として使われて場所です。

現在は博物館として利用されていますが
バチカン市国とは秘密の通路で繋がっているのだとか。

バチカン市国の施設まで繋がる通路は約800m。
有事の際に法王が避難するために使われていました。

事実、1527年にローマ帝国皇帝カール5世の軍が侵略してきた時、
当時の法王・クレメンス7世はこの通路を使ってバチカン市国を脱出したそうです。

現在は一般人に開放されており、ツアーも行われています。
しかし、一般人にこんな秘密を公開していいのでしょうか・・・

2.閉ざされたもの

世界一謎めいている図書館といえば
バチカン市国の秘密文書を保管するバチカン秘密文書館でしょう。

1612年に設立され、1881年に当時の法王レオ13世が公開を許可したのですが
それでもバチカン市国の厳しい基準をパスした公認の研究者だけが入ることができる図書館なのです。

また、ボールペンなどの筆記用具も持ち込み禁止。

85kmもある書庫なのですが、1980年に31000立方メートルの容量を持つ
地下書庫が増設されています。

所蔵文書にはガリレオ・ガリレイの地動説に対する異端審問の記録や
マリー・アントワネットによる獄中からの手紙が含まれているのだそうです。

ちなみに1939年以降の文書は現在も公開されていません。

続きは次ページでご覧ください♪

 

> 続きを読む 

-豆知識

執筆者:

関連記事

皇室ヤフオク問題!皇族関連の品が流出したヤフオク事件の真相とは!

皇室ヤフオク問題… 皇族関連の品が流出したヤフオク事件の真相とは…

怒りを壁にぶつけ穴を開けてしまった!穴の開いた壁は後日こうなる!親御さんの発想が天才と話題に!

怒りを壁にぶつけ穴を開けてしまった…穴の開いた壁は後日こうなる…親御さんの発想が天才と話題に…

意外と知られていない車の中が浸水した時の水抜き方法!ぜひ覚えておいてほしいと話題に!

意外と知られていない車の中が浸水した時の水抜き方法… ぜひ覚えておいてほしいと話題に…

インドで生まれた目が一つしかないヤギ!これは神の子か?と話題に!

インドで生まれた目が一つしかないヤギ… これは神の子か?と話題に…

運転免許証でわかるその人のうっかり度!数が大きいと!

運転免許証でわかるその人のうっかり度…数が大きいと…