豆知識

地球から最も遠い距離に到達した探査機・ボイジャー1号!宇宙にはロマンを感じる!

投稿日:

地球から最も遠い距離に到達した探査機・ボイジャー1号…
宇宙にはロマンを感じる…

 

1977年に地球を飛び立った探査機・ボイジャー1号。

現在でも稼働中で人類が今まで作ったもので
一番遠いところにいるのはボイジャー1号です。

同時に未知のものを発見する可能性が一番高く、
真の意味での探査機です。

今回はそんな人工物・ボイジャー1号について紹介します。

ボイジャー1号とは

ボイジャー1号は1977年9月5日に打ち上げられ、現在も稼働しています。

地球から最も遠い距離に到達した人口物体で太陽の影響圏から
広大な星間空間へと飛行し続けています。

ボイジャー各機が搭載するコンピュータのメモリは
実は全部で69.63KBしかありません。

この容器はとっても少なく
インターネットにある画像1枚分ほどの容量と同じなのです。

そして、ボイジャーの科学観測データはハードディスクやフラッシュメモリなどではなく
テープレコーダーを使って符号化されています。

データを地球に送信したらその都度、古いデータに上書きしないと
新しい観測データを記録できません。

ボイジャーのコンピュータは1秒間に8万回の命令を実行できます。

一見、かなり高性能に思えますが
私たちが使っているスマートフォンは1秒間に2億回の命令を実行できます。

つまりボイジャー1号は今のスマートフォンより2万5000分の1程度の処理速度しかないのです。

しかし、今から40年以上も前の技術ですのでそれは仕方のないことでしょう。

そんなボイジャーですが
今までに数多くの実績を誇っています。

ボイジャー1号の実績

1979年 木星の撮影成功

1980年 土星の撮影成功

1990年 太陽系外来る紫外線「ライマンα線」を観測成功

2003年 太陽拳の末端部ヘリオシースに到達

2012年 太陽風が星間物質や銀河系の磁場と衝突して
完全に混ざり合う境界面ヘリオポーズに到達。

などなど数え始めたらキリがないほどです。

続きは次ページでご覧ください♪

 

> 続きを読む 

-豆知識

執筆者:

関連記事

車によって給油口の位置が左右違う理由!気にしたことなかったと話題に!

車によって給油口の位置が左右違う理由…気にしたことなかったと話題に…

鳥取県に実在するトリックアートのような橋!思わず合成だと思ってしまう!

鳥取県に実在するトリックアートのような橋… 思わず合成だと思ってしまう…

「日本語はわからないからお前がタイ語を覚えて注文しろ」タイ料理屋のシステムが斬新すぎると話題に!

「日本語はわからないからお前がタイ語を覚えて注文しろ」 タイ料理屋のシステムが斬新すぎると話題に…

もし日本が第二次世界大戦で勝っていたら!衝撃の展開になっていたかもしれないと話題に!

もし日本が第二次世界大戦で勝っていたら…衝撃の展開になっていたかもしれないと話題に…

カツオ漁船の実態!給与明細が公開され、過酷な労働環境だと話題に!

カツオ漁船の実態… 給与明細が公開され、過酷な労働環境だと話題に…