驚き

見世物にするためだけに耐えがたい苦痛を受ける動物たち!人間のエゴは恐ろしいと話題に!

投稿日:

見世物にするためだけに耐えがたい苦痛を受ける動物たち…
人間のエゴは恐ろしいと話題に…

 

見世物にするためだけに耐えがたい苦痛を受ける動物たち

年齢を問わず、休日のお出かけスポットとして
高い人気を誇る水族館や動物園。

世界中に暮らす動物たちと触れ合える貴重な場所でもあり、
その生態を知るという事は私たちに大きな恩恵をもたらしてくれています。

しかしその華やかな舞台の裏で何が行われているのか、
皆さんはご存知でしょうか?

自然を奪われ完全に人工的な環境に身を置く彼らは
私たちの想像をはるかに超えた苦痛を強いられているケースがあります。

現在でこそ動物愛護に関心が高まり、
動物の保護に動いている施設も多くなりました。

ですがその一方で動物をただのお金儲けとしか考えていない人々もいるのです。

そこで今回は見世物にするためだけに
耐えがたい苦痛を受ける動物たちを紹介します。

ゴリラの「ハランビ」

2016年に起きたこの事件は今でも多くの人々の記憶に残っているでしょう。

アメリカ・オハイオ州のシンシナティ動物園で、
3歳の男の子がゴリラ舎に入り込んでしまったのです。

体重180キロのハランビが男の子をつかみ引きずったことから、
「男の子の命に危険がある」と飼育員が判断。

ハランビはそのまま射殺され、17年の生涯に幕を閉じました。

男の子の母親に責任を問わせるための署名が
6万件も集まるなど社会現象にもなりました。

男の子の命もハランビの命も同じ命である事には変わりはないはずなのに・・・

動物園に入れられてしまったがために起きた悲しい事件です。

サーカスの象

「Ringling Bros. circus」という
サーカス団で愛らしさを振りまく象たち。

そんな彼らが舞台裏で受けている恐るべき
トレーニングの様子が公開されると世界中から批判の声が殺到しました。

その方法とは子供の象をロープで縛り上げ、
無理やりポーズの練習をさせるもの。

地面へ横たわろうとも複数人に取り囲まれ、
ロープで縛られ、棒で押しやられる象たち。

この非道なサーカス団に対して、
抗議する目的で作られたウェブサイトまで作られているそうです。

続きは次ページでご覧ください♪

 

> 続きを読む 

-驚き

執筆者:

関連記事

北極・南極の氷河が溶けると発見される可能性があるもの7選!世界はまだまだ謎が多いと話題に!

北極・南極の氷河が溶けると発見される可能性があるもの7選… 世界はまだまだ謎が多いと話題に…

車のタイヤにペットボトルが挟まっている意味…身近で起こり得る車の盗難が恐ろしい!

車のタイヤにペットボトルが挟まっている意味… 身近で起こり得る車の盗難が恐ろしい…

当てはまってる奴やばいぞ!⇒女が見た「貯金なし男」の財布の特徴・共通点!

\News BFC に『いいね』お願いします/ 当てはまってる奴やばいぞ! 女が見た「貯金なし男」の財布の特徴・共通点をご紹介します。 女が見た「貯金なし男」の財布の特徴・共通点 世の中には「お金に嫌 …

実際に遊園地で起きた死亡事故!恐ろしすぎると話題に!

実際に遊園地で起きた死亡事故…恐ろしすぎると話題に…

車上荒らしにカーステレオを盗まれた男⇒犯人へ「ありがとう!」実はとんでもない裏話があった…

\News BFC に『いいね』お願いします 車上荒らしにカーステレオを盗まれた! なぜか犯人に「ありがとう!」と言う被害者。一体なにがあったのか!? 車上荒らしにカーステレオを盗まれた男性。 海外で …