豆知識

永久凍土から発見された動物4選!絶滅動物がクローンとして蘇る日も近い?と話題に!

投稿日:

永久凍土から発見された動物4選…
絶滅動物がクローンとして蘇る日も近い?と話題に…

 

永久凍土から発見された動物4選

地球の遥かな歴史をたどれば、
氷河期というものが存在したことはご存知かと思います。

その太古の昔にあったとされる氷河期では
生物までもが凍結状態になり、
そのまま息絶えた個体も多く存在しています。

その、永遠に続くのではないかというとてつもなく長い眠りの中から、
現代の私たちの前に姿を見せてくれた生物がいました。

今回はそんな永久凍土から発見された動物を紹介します。

1.ユカマンモス

マンモスは発見されている古代生物の中でも
特に知っている人が多いと言える動物ではないでしょうか。

象によく似たとても大きな姿で
現在でも大きさを例えるのにその名前が出ることもありますね。

そんなマンモスですが
2010年にロシアのラプテフ海岸にあるシベリアの永久凍土から
およそ39000歳とみられるマンモスが発見されました。

このマンモスはミイラ化しており、
凍結状態だったため保存状態も良く、
マンモスの生態を解明する上で
非常に役立つと研究者から重宝されているとのことです。

また、研究からマンモスはDNAに比較的変化が生じない点と
現代の象にとても似ていることから最先端の技術を使って
現代に蘇らせることが出来るかもしれない絶滅動物だという研究者もいるそうです。

もしかするとこの巨大動物が現代に蘇った姿を見られる日が来るかもしれませんね。

2.ユカギールバイソン

シベリアは何千年もの間、
地球上の生物が生息している場所の中で最も寒い場所の一つとされ、
このような凍結動物の発見には理想的な場所です。

そのシベリアの北東部で2011年、ユカギール族により、
現在のバッファローの祖先であるミイラ化したステップバイソンが発見されました。

発見されたバイソンは非常に珍しく、ほぼそのままの形で残されており、
脳や他の臓器もほぼ完璧に保存されていました。

9000年以上前のバイソンにもかかわらず
今まで発見されたステップバイソンよりも最も完璧な状態で
研究者が脳、心臓、消化器官、そして血管など
広範囲に渡り研究することが可能だったと言います。

このバイソンは外傷などが見受けられないことと
腹部の脂肪の少なさから推測し、
環境の急速な変化の影響で餓死した可能性が最も高いと考えられています。

続きは次ページでご覧ください♪

 

> 続きを読む 

-豆知識

執筆者:

関連記事

毎年この時期になるとやってくる黄砂!気象学者の荒木健太郎さんがTwitterで投稿した注意喚起に注目が!

※サムネイル画像はイメージです 毎年この時期になるとやってくる黄砂…気象学者の荒木健太郎さんがTwitterで投稿した注意喚起に注目が…

実は知らないレストランマナー!これは使えると話題に!

実は知らないレストランマナー…これは使えると話題に…

東大教授が教える疲れず長時間勉強する方法!目からウロコだと話題に!

東大教授が教える疲れず長時間勉強する方法…目からウロコだと話題に…

58年営業した魚屋の閉店!お客さんからの感謝の気持ちが貼り紙に!

58年営業した魚屋の閉店… お客さんからの感謝の気持ちが貼り紙に…

恐怖の干しブドウと呼ばれる新種のアリ!ビジュアルが気持ち悪いと話題に!

恐怖の干しブドウと呼ばれる新種のアリ… ビジュアルが気持ち悪いと話題に…