驚き

命がけでないと住めない家3選!罠だらけで怖すぎと話題に!

投稿日:

命がけでないと住めない家3選…
罠だらけで怖すぎと話題に…

 

命がけでないと住めない家3選

自分の家に罠を仕掛ける人はまずいないでしょう。

たとえ防犯目的であったとしても
下手をすれば無関係な人に怪我を負わせる可能性もあります。

最悪の場合、自分がその罠の犠牲になってしまうことも・・・

実際にそんなことがあるとすればかなり情けない話です。
しかし、本当にそういう事例があるのです。

1.ショットガン満載の家

ベルギー在中のルイス・デシー(79)は
妻との間に14人の子供(娘10人、息子4人)がおり、
3階建の屋敷で暮らしていました。

老後は趣味にでも興じながらのんびり年金生活を送るはずだったのに
あることが原因でその予定が大幅に狂ってしまいます。

それは離婚。

これにより妻だけでなく、
14人の子供たちも彼の元を去って行きました。

さらに、ルイスが住んでいる屋敷の所有者は彼の母親であり、
彼女は遺言でその屋敷を孫のジャンヌに遺贈していたのです。

つまり、ルイスは家族を失った上に住む場所さえ失う運命にありました。
追い詰められた彼はリベンジを果たそうとします。

どうえ家を追い出されるのなら
次のその屋敷に住む者たちに地獄を味わわせてやろうと考え、
家の至る所に罠を仕掛けます。

居間のTVや貯水タンク、屋根裏部屋などにショットガンを取り付け、
それらはあるきっかけにより仕掛けが作動して
銃をぶっ放すという仕組みになっていたのです。

恐ろしいことに罠の発動するきっかけが罠ごとに異なり、
仕掛けた本人でさえ覚えきれないので
彼は何をどうすればどの罠が発動するのかを細かくメモに書いていました。

書いてはいたのですが結局、ルイスは
自分で罠の一つをうっかり作動させてしまい、
自らが設置したショットガンに撃たれて死亡したのです。

ちなみに警察が屋敷を捜索した際、
発見された罠は全部で19個だったのですが
ルイスのメモによれば設置した罠は合計20個だったとか。

将来、残された最後の罠が発動することがあるのかどうかは
神のみぞ知るといったところです。

続きは次ページでご覧ください♪

 

> 続きを読む 

-驚き

執筆者:

関連記事

とあるネットカフェ難民が「半年間」滞在した結果!驚愕な金額を請求された!

近年、ネットカフェ難民は増え続けており、減少する気配は未だありません。 今回は、とあるネットカフェで「半年間」滞在した人が多額な請求をされた事が話題になりました。

性的暴行事件が多いインド!ヤギに性的暴行という恐るべき事件が発生!

性的暴行事件が多いインド… ヤギに性的暴行という恐るべき事件が発生…

「零細町工場勤務の彼氏を振ってやった。」と武勇伝を語る女!しかし、その彼氏には秘密があった!

「零細町工場勤務の彼氏を振ってやった。」 と語る女 しかし、その彼氏には、ある秘密があった…。

恐ろしい謎が多く存在した…。最先端の科学者も投げ出す未解明ミステリー4選!

最先端の科学者も投げ出す未解明ミステリー4選!

とあるパキスタン人の爪の上から生えてきてるモノ!怪奇だと話題に!

とあるパキスタン人の爪の上から生えてきてるモノ…怪奇だと話題に…