驚き

世界で最も危険とされる鳥6選!遭遇したらすぐ逃げて!

投稿日:

世界で最も危険とされる鳥6選…
遭遇したらすぐ逃げて!

 

世界で最も危険とされる鳥6選

鳥といえばどんなイメージでしょうか?
鳩のような平和の象徴やインコなど可愛らしいペット。

または、ペンギンのような動物園の人気者など、
一言に鳥といってもそれは多種多様です。

その中でも世界にはもし出会ってしまったら、
刺激せずにそっと立ち去ったほうがいい、
とても危険とされる鳥も存在します。

今回はそんな世界で最も危険とされる鳥6選を紹介します。

1.オウギワシ

そのルックスはまさに魔界のモンスターを思わせるオウギワシ。

頭に象徴的な黒い扇型の羽があり、
それが和名「オウギ」の由来となっています。

体の大きさは猛禽類で最大級を誇り、
その鋭い爪は熊よりも長く、最大20cmにも達し、
その握力は猛禽類の中でも最強クラスです。

中央アメリカから南アメリカに生息し、
主に鳥類、爬虫類、両生類を捕食しますが
時にはサルやナマケモノなどの哺乳類も捕食するという獰猛さを持っています。

鋭い爪でサルなどを無理やり木から引き剥がしそのまま巣までさらってしまうという
サルにとっては恐ろしいことこの上ない捕らわれ方です。

基本的にオウギワシに危害を加えない限りは人間を襲うことはないのですが
その力は本気になれば成人男性の腕を折り、
頭蓋骨を割るほどと言われています。

2.ワシミミズク

ユーラシア大陸の森や山の中に分布するワシミミズクは
フクロウ類では最大で体重4kgほどで翼を広げると2mにも及びます。

主にネズミやリス、ウサギなどの小動物の他にも
キツネや鹿まで捕食することもあります。

大きさだけで言えばワシミミズクよりも大きさ猛禽類は存在しているのですが
ワシミミズクは一部の鷲類を含めた猛禽類をも餌食としてしまうのです。

また、一部の鳥類学者からは人間を殺す唯一のミミズクだとも言われています。

実際にオランダでは50回以上ものワシミミズクによる攻撃被害があったとされ、
中には6針を縫う大怪我をした人もいます。

暗闇の中をお供立てずに滑空するその怪鳥の存在は
とても大きな恐怖だったことでしょう。

3.カンムリクマタカ

カンムリクマタカはアフリカの熱帯雨林に分布し、
体長およそ90cm、翼を広げた長さは2mほどです。

特別大きいとは言えない体格なのですが
なんと時には35kgもの動物を狩ることがあると知られています。

そして、大好物はなんとサルの頭蓋骨だというのです。

カンムリクマタカの主な攻撃は鋭く力強い爪で
サルの頭を潰して即死させるパワーを備え
時にはその眼窩から眼球を突出させることもあるようです。

さらにマンドリルのような大型のサルでさえも標的にするという恐い物知らずの性格。

先史時代では初期の人類の猿人さえもこの鳥によく食べられていたと推測され、
カンムリクマタカの爪跡がついた200万年ほど前とみられる
幼い人科の頭蓋骨が複数見つかっています。

さらに恐ろしいのが現代でも
小柄な人々を獲物とみなすことがあるとされ、
ザンビアではこの鳥の巣の中で幼児の頭蓋骨が見つかっています。

また、7歳の児童が通学中に襲われるという事件があり、
その児童は頭は胸、そして腕にも大怪我を負いました。

その後の調査で分かったとこととしては
彼らは人を餌として攻撃していたということです。

続きは次ページでご覧ください♪

 

> 続きを読む 

-驚き

執筆者:

関連記事

マグロ漁船に180万で売られる女たちの末路!マグロ女の都市伝説が恐ろしい!

マグロ漁船に180万で売られる女たちの末路…マグロ女の都市伝説が恐ろしい…

死ぬ1秒前に人が体験すること!臨死体験が科学的に解明し、怖すぎると話題に!

死ぬ1秒前に人が体験すること… 臨死体験が科学的に解明し、怖すぎると話題に…

12歳から老人に体を売って売春していた美少女!現在の姿が話題に!

12歳から老人に体を売って売春していた美少女… 現在の姿が話題に…

ゴキブリ3億匹を使った生ゴミ処理場!中国のゴミ処理が奇想天外だった!

ゴキブリ3億匹を使った生ゴミ処理場… 中国のゴミ処理が奇想天外だった…

ドクターフィッシュを全滅に追いやった男の足!全滅した理由が衝撃的だった!

ドクターフィッシュを全滅に追いやった男の足…全滅した理由が衝撃的だった…