豆知識

絶滅と思われたところから発見、復活した生き物6選! 実は存在していたと話題に!

投稿日:

絶滅と思われたところから発見、復活した生き物6選…
実は存在していたと話題に…

 

絶滅と思われたところから発見、復活した生き物

動物の絶滅はとても悲しいことですよね。

人の食料として森林伐採のため住みかを失って
生活排水や工場排水などの環境汚染など
そのほとんどは人間のせいと言われています。

しかし、人が救える命も存在します。

今回はそんな絶滅と思われたところから発見、復活した生き物を紹介します。

1.モウコノウマ


モウコノウマは現存する唯一の野生馬です。
しかし、1960年頃、一度絶滅してしまった動物なのです。

元々はモンゴルの草原に住んでいました。
1969年にゴビ砂漠で見られたのを最後に絶滅したと考えられていました。

ヨーロッパの動物園にいるモウコノウマを
野生に返そうと努力した結果、徐々に増えてきました。

チェリノブイリで繁殖の確認がされており、
今では多摩動物公園に行けばモウコノウマを見ることができます。

2.シーラカンス

シーラカンスは1億4000万年〜6500万年前の白亜紀に
絶滅したと思われていました。

これまで多くのシーラカンスの化石が見つかっています。
初めて捕獲されたのは1938年のことです。

南アフリカのチャルムナ川で見つかったのです。
シーラカンスは水深100メートルで生息しています。

シーラカンスは四足動物の祖先だと考えられているため、
生物がどうやって水の中から陸上に上がったのか
鍵となるのではないかと信じられています。

タカヒ

タカヒとは青緑色の体で口と足がオレンジ色で
雄鶏くらいの大きさなのが特徴です。

1894年を最後に絶滅したと思われていました。

1948年に再発見され、一時は400羽まで増えましたが
160羽まで減ってしまいます。

タカヒは卵を2つ産むのですが
1つしか温めないので1つは死んでしまいます。

絶滅が心配され、人工的に卵を温めていて
少しずつ実を結び始めているそうです。

続きは次ページでご覧ください♪

 

> 続きを読む 

-豆知識

執筆者:

関連記事

日本で最もブスが多そうな街!日本3大ブス説が崩壊したと話題に!

日本で最もブスが多そうな街…日本3大ブス説が崩壊したと話題に…

納豆を食べた後にサイダーを飲むと!香りが鼻から抜けてまさかの味に!

納豆を食べた後にサイダーを飲むと…香りが鼻から抜けてまさかの味に…

セダンにリアワイパーが少ない理由!意外と知られていないと話題に!

セダンにリアワイパーが少ない理由…意外と知られていないと話題に…

フルーツに貼られるシールの意味!買うと危険な番号も存在した!

フルーツに貼られるシールの意味…買うと危険な番号も存在した…

主婦をされている方は多くの方が共感するであろう、とある女性のつぶやき!的確すぎる夫への忠告に賞賛の声が!

主婦をされている方は多くの方が共感するであろう、とある女性のつぶやき…的確すぎる夫への忠告に賞賛の声が…