豆知識

海底で発見された不思議モノ8選!海は深くて謎が多いと話題に!

投稿日:

海底で発見された不思議モノ8選…
海は深くて謎が多いと話題に…

 

海底で発見された不思議モノ8選

「海は広くて大きいな」という歌にもあるように
海は果てしなく広く謎も多くあります。

今回はそんな海底で発見された不思議モノを紹介します。

1.謎の目玉

クラーケン、ネス湖のネッシー、キャドボロサウルスなど
伝説上の巨大海洋生物の存在を彷彿とさせる巨大な目玉。

フロリダ州の海域で見つかったとされるこの目玉の持ち主は
成木のヤシの木2本分もの大きさがあると推測されています。

現在、科学者や海洋生物学者は生物の特定に取り組んでいるそうです。

2.バルト海のUFO

UFO好きなら知らないものはいないであろうバルト海のUFO。

この謎の物体は2011年に
スウェーデン人トレジャーハンターの一団「Ocean X」によって
北ヨーロッパに位置するバルト海の海底で発見されました。

この物体は幅が約60cmもあり、
14万年前からそこに存在していたことが判明しています。

しかし、この謎の物体については様々な点が明らかにされていないため、
ネット上では「旧ドイツ軍の極秘兵器」、
「海に沈んでしまった古代都市」などその正体を巡って
様々な憶測が飛び交っているようです。

3.マルクモンスター

インドネシア・マルク州に属する
セラム島のビーチに流れ着いた巨大生物の死体。

全長が約22mもあったというこの生物は
ビーチに流れ着く数日前に死亡していたとみられており、
そのあまりの大きさに第一発見者は
「ボートが転覆している」と勘違いしたほどです。

この生物の正体については多くの人々から
クジラや巨大イカである可能性が指摘されましたが
地元の研究者らはどちらの可能性も否定しているそうです。

4.第二次世界大戦の軍用機

第二次世界大戦中、トルコ軍がパラシュートやグライダーなどを装着した
空挺兵を輸送するのに使用されていた軍用機「ダグラス・ダコタDC-3」。

終戦を迎えた頃、
激しい戦闘の末に海へ沈んでいった多くの戦闘機とは違い、
この軍用機は製造された全ての機体が無傷で残っていたそうです。

写真に写る機体は2009年に意図的に沈められたものであり、
現在はダイバーたちの水中遊具と化しているそうです。

続きは次ページでご覧ください♪

 

> 続きを読む 

-豆知識

執筆者:

関連記事

このステッカーをご存知ですか?多くの自治体が採用していた!

このステッカーをご存知ですか…多くの自治体が採用していた…

歴史上で無敵と恐れられた最強武士!一番強いのは誰?

歴史上で無敵と恐れられた最強武士… 一番強いのは誰?

ギョベクリテペに超古代文明とオーパーツ!未だ解明されない世界最古の文字と文明が話題に!

ギョベクリテペに超古代文明とオーパーツ… 未だ解明されない世界最古の文字と文明が話題に…

夜のお店の接客マニュアルが流出!知りたくなかったと話題に!

夜のお店の接客マニュアルが流出… 知りたくなかったと話題に…

とあるドラッグストアが行っている販売方法に注目が!これなら本当に必要としてる人に行き渡る!

とあるドラッグストアが行っている販売方法に注目が…これなら本当に必要としてる人に行き渡る…